電撃ネットワークのリーダー南部虎弾入院!実はダチョウ倶楽部の元リーダー?

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!


(画像は「南部虎弾公式ブログ」より引用)

『電撃ネットワーク』の南部虎弾さんが入院というニュースが流れていますね。

『電撃ネットワーク』と言うと、非常に過激なパフォーマンス集団でして、
もしや、南部さんも過激なことをして怪我でもしたのかと思いきや、持病の
糖尿病の悪化のために入院ということでした。

糖尿病の悪化と言いますと、詳しいことは知りませんが、失明や足の切断など
色々聞きますんで、6月まで療養に当てるという事で、元気な姿で戻ってきて
頂きたいなと思います。

ところで、『電撃ネットワーク』の南部さんと普通に書いてきましたが、
テレビ出演も最近ないし、『電撃ネットワーク』って何?って人も多いのでは?

今回は、海外でも評価が非常に高いパフォーマンス集団の『電撃ネットワーク』
に焦点を当てました!

スポンサーリンク

『電撃ネットワーク』って何をしている人?お笑い?

まず、まったく『電撃ネットワーク』を知らない人に、どんなことをする
グループなのかを簡単に説明しましょう。

普通に考えて、危険際まわりないことを芸とするグループ!

この一言に尽きますね。

まあ、テレビ出演する機会があまりないってのも頷けますね。

まず、それって「危険じゃね?」というのを通り越して、「死ぬよ?」って
いう芸ですから。

例えば、

本物の毒を持っているサソリを口に入れる。

煮溶かした蝋に手や顔を突っ込む。

有名なところで言うと、布団圧縮袋の中に入って空気を抜いていく。

クラッカーを口にくわえて、口内で爆発させる。

ドライアイスを食べて、目・鼻・耳から二酸化炭素を噴出する。

台所用洗剤やエンジンオイルを一気飲みする

等々。

文字で見ると意味が分からないと思いますが、全部、本気でやってるんですね!

エンジンオイルなんて飲んで、中毒で死ぬとかないんでしょうかね?

テレビでは見れない過激な『電撃ネットワーク』をチェックしたいならコチラ。
電撃伝説/電撃ネットワーク[CD+DVD]【返品種別A】

メンバー紹介!やっぱ皆過激!

現在の主なメンバーは3人。

リーダーの南部虎弾さん。今回、糖尿病で入院した人ね。

面白い髪型で、おでこに吸盤のようにビール缶を貼り付けて、コップに注げる人。

最も過激なパフォーマンスをするのがギュウゾウさん。


(画像は「ギュウゾウ公式ブログ」より引用)

サソリを口に入れる芸で、サソリに刺されて、顔が3倍以上に腫れる経験をして
いるらしい。

ちなみに、ギュゾウ農場を経営し、農業もしているという変な人。

小柳ルミ子さんの元夫だった大澄賢也さんに似ていることから、今の芸名に
なったダンナ小柳さん。


(画像は「ダンナ小柳公式ブログ」より引用)

なんでも、痛みを感じない体質というスキル?を持ち、こちらも過激な芸を
繰り返している人。

デンマーク女王の前で「割り箸一本尻割り」を披露して、女王を失神させた
強者
でもあります。

他にも、僕は知らなかったんですが、現在では『電撃ネットワークJr.」として、
今日元気さん、ペリカンさん、ランディー・ヲ様が所属しているらしいんですが、
僕はこの3人の芸を知りませんね・・・

まあ、過激で主要メンバーの体調などを考えて、サポートメンバー的なもの
なんでしょうか?

故三五十五。彼がいなくなって、電撃ネットワークはどうなった?

『電撃ネットワーク』には、もう1人のメンバーがいました。

2015年に亡くなった三五十五さん。


(画像は「三五十五公式ブログ」より引用)

これだけの芸をするグループだから、なんかの事故?と思うかもしれませんが、
肺ガンによって亡くなったんですよね・・・

三五十五さんは、『電撃ネットワーク』のMC役で、彼がいたからこそ、過激な
ネタを繰り返されるだけの舞台になるのではなく、ある意味、物語性のある
舞台を作り上げることができていたと言われています。

三五十五さんが亡くなって以降の『電撃ネットワーク』がどのように変わった
のかはよく分かりませんが、あまりにも早い死にメンバーもショックだった
ようですね・・・



スポンサーリンク

南部虎弾は元ダチョウ倶楽部!?公然の秘密?

テレビ出演多数の(現在では個々のメンバーが中心になってきているけど)
人気芸人トリオの『ダチョウ倶楽部』。

『ダチョウ倶楽部』のリーダーと言えば、肥後克広さん。


ですが、なんと、初代リーダーは南部虎弾さんだったんです!!
(当時の芸名は南部寅太)

まあ、今の『電撃ネットワーク』を考えてみると分かりますが、南部虎弾さんは
とにかく過激な芸の方向へと向かおうとして、他のメンバーが付いて
いけなかったのが脱退の理由らしい。

なでも、突然、上島竜平さんに、「お前、ビー玉が飲めるか」と電話してきて、
結局、これがきっかけで仲たがいになったそうな。

他にも、「金魚飲める?」「コントで使うおもちゃのウンコを本物にしたい」
など、まったく現在の3人の芸の方向性が違かったんですね。

まあ、今では特にそれぞれが元メンバーだったとか、脱退の理由などを
隠したりはしていないようですが、
ダチョウ倶楽部に初代リーダーがいたってのを知ってビックリしませんでした?

まとめ

●『電撃ネットワーク』のリーダー南部虎弾さんが入院ということで、舞台中に
大怪我かと思いきや、糖尿病悪化が原因らしい。

●『電撃ネットワーク』は、それぞれが「死ぬんじゃない」と心配するような過
激な芸をする集団。そのためか、テレビ出演も現在はほとんどないし、日本より
も海外での人気が凄いらしい。

●『電撃ネットワーク』のリーダー南部虎弾さんは、元ダチョウ倶楽部のリー
ダー。あまりにも過激な芸を目指すために仲たがいし、脱退した。


こういった芸は、最近のテレビではほとんど流すことができませんね。

ちょいと前にはテレビで観る事もできたんですが、今では非難が凄そうですね。

そいういった訳で、日本国外の方が人気があるらしく、なぜかオーストラリアで
は絶大な人気があるらしい。

言えることは、『電撃ネットワーク』『ダチョウ倶楽部』それぞれが分かれて
活動して政界だったってことかな。

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!