優木まおみを嫌いな人続出!その理由は?ママタレ目指すも、共感されず炎上!!

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!


(画像は「優木まおみ公式サイト」より引用)

タレントの優木まおみさん。

現在は2児の母親ですが、37歳とは思えない美貌を維持しておりまして、さすが
芸能人だなと思うんですが、優木まおみさんを「嫌い」と思っているアンチが
少なからず存在しているみたいですね。

それが露呈してしまったのが、先日の番組での発言で。

「ママタレランキング」で上位に入りたいと発言して、結構な炎上になったよう
です。

さて、優木まおみさんのどんなところが嫌われてしまった理由なんでしょうか?

スポンサーリンク

ママタレとして活躍したい優木まおみが嫌われる!!

まず、前提として、僕はママタレというカテゴリーで活躍している、活躍しよう
としていタレントのほとんどが嫌いであります。

理由は・・・

まず、子供をだしに、芸能界で生き残ろうとしている感じがしてしまうから。

次に、子育てのことをよく知っているような発言をしているけど、普通の家庭の
収入などでは無理なことを金に物を言わして行い、それが出来ていない子供は
可愛そう的な発言をするから。

はっきり言って、子供のことを思ってんだったら、テレビなんかに出て、
どっかから上辺だけ得た知識で偉そうな発言をする暇ありゃ、子供の側にいて
やれ!と思うわけですね。

もちろん、ママタレというカテゴリーに属している方全てに対して、そういう
風に思っているわけじゃないですよ。


そこで、優木まおみさんです。

その発言自体が炎上の原因!!

最初に、まえがきで書きましたが、優木まおみさんの発言で、ネット上で
炎上しているんですよ。

まあ、個人的には仕方がないだろと思うんですが、

まず、「ママタレランキングの上位に入りたい。そして、ゆくゆくはニュース
キャスターになりたい」発言

ママタレから、ニュースキャスターって、どんな進化だよってところ。

子供をだしにして人気ランキングを上げて、いつしか知的なところを見せて
ニュースキャスターになるってこと?

いやいやいや、なんでニュースキャスターになれると思っているのか、意味が
わかりませんね。

今後のタレントとしての仕事についての発言で、

「平日の帯とかいいよね。保育園終わりにそのまま局入って、終わったらゆっくりランチ食べて」

凄い自身ですよね。平日の帯の番組で、こういった軽はずみな発言をする方を
キャスティングするかっての。

好感度アップのために必死?世間とのズレには気付かないらしい

番組では自宅を撮影したVTRが流れたそうですが、これがまた酷かったらしい。


とにかく、その自宅の高級ブランドの食器やベットなど映し出され、仕舞には
長女を産んだ自分へのご褒美として、約200万円するというエルメスの高級
ハンドバック「バーキン」を紹介したそうな。

これは司会のアンジャッシュ渡部さんも指摘したそうですが、そもそも、
一般の方が出産して、自分にご褒美を買うような余裕はないし、そのご褒美が
200万円もするバックなんて意味がわかりませんよね。

そんな感覚がずれている人が、ママタレとして偉そうに子育てについて意見を
するのを素直に聞けます?

その後の映像も、子供そっちのけでカメラ映りを気にしたようなものばかり
だったそうです。

そりゃ、好感なってもてませんわ!!



スポンサーリンク

優木まおみを「嫌い」という意見は前から多かった?

優木まおみさんが「嫌い」という意見はかなり前から多かったみたいですね。

2014年に第一子を出産されてから、自身のブランドを立ち上げて、商品を
プロデュースするようになったらしいんですが、その商品のアピールのために
必死すぎるという意見も多いようです。

こういったサイドビジネスに熱心なタレントは、芸能界で頑張っている人からも
当然嫌われることが多いようですね。

森三中の大島美幸さんも、以前、イニシャルトークながら優木まおみさんを
批判していたこともあったそうです。

なんでも

「ファッションリーダー的なような身振りが嫌い」ということですが、

なんだか、こういった発言も分かるような気がしますね。

まとめ


●タレントの優木まおみさんが、番組内の発言がネット上で大炎上!!ママタレ
上位を狙っているらしいけど、その発言自体が炎上のもと。

●好感度アップのために、子供を利用している感が半端ない!子供そっちのけで、
自分をアピールする姿に反感!!

●一般の方にもかなり前から嫌われていた様子の優木まおミさん。当然、同じ芸
能界の他のタレントからも沢山反感をくらっているみたいですね。


グラビアアイドルとして活躍していたことは、確かにファッションセンスや
その美貌で人気を得ていたんでしょうね。

それが、子供を出産して、若さと綺麗さ以外の自分の売り物がないことに
気付いたのかもしれませんね。

必死にママタレという地位を得ようとしているのはいいんですが、必死というか
当然、自分ならママタレとしてやっていける、というのがあるんでしょうね。

だから、努力もせんと、ふざけた意見や行動が露呈するわけですね。


まあ、それほど需要も今後あるとは思えないので、テレビで観ることも減って
いくんでしょうね。

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!