佐々木勇気は藤井聡太の連勝を止めたイケメン棋士。スイス生まれで、目つきの鋭さが話題!?

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!


(画像は「」より引用)

先日行われた竜王戦決勝トーナメントで、とうとう最年少プロ棋士の
藤井聡太四段が、デビュー以来の29連勝が止まり、プロ初黒星となりましたね。

これほど将棋が注目されるというのは、僕の記憶では今までなかったような気が
しますね。

藤井聡太四段が敗れ、「残念だ!」といった世間の雰囲気。

でも、勝負事の世界ですから、勝つときもあれば、負けることもある。

藤井聡太四段の注目も分かりますが、藤井聡太四段を破った佐々木勇気五段も
22歳!

素直に、佐々木勇気五段も凄いと。

さらに、イケメンで、他にも注目どころ満載の人物のようですよ。

今回は、今の将棋ブームを牽引する新しいスターの一人になるかもしれない
佐々木勇気五段に注目しました!

スポンサーリンク

目つきが鋭いイケメン棋士・佐々木勇気に注目

佐々木勇気五段といえば、やはりイケメン棋士と呼ばれるだけあって、棋士とは
思えないようなカッコよさ。

そして、話題になったのが、その眼光の鋭さ。

まずは、佐々木勇気五段の棋士としての実力や、その始めたきっかけ。

そして、話題となって言える眼光の鋭さの訳についてみてみましょう!

佐々木勇気五段の驚きのスペック?意外な一面あり?

佐々木勇気五段は、1994年生まれの現在22歳。

そして、注目してしまうのがスイスのジュネーブ生まれってとこ。

そこからの、埼玉県三郷市育ち!!!


将棋を始めたのは5歳くらいのようで、きっかけはスイミングで中耳炎になって
入院した際、病院を走り回る佐々木勇気五段を何とかしようと親が将棋を
与えたそうです(笑!!)

まさかのヤンチャ坊主だった佐々木勇気五段。


棋士というと静かなイメージですが、佐々木勇気五段はちょっと元気な子だった
ようですね。

学生時代も、将棋部に入っていたと思いきや、「バスケットボール部」だった
らしいですね。

棋士としての実力は小学生時代から開花!!

5歳から始めた将棋ですが、佐々木勇気五段は、その才能をすぐに発揮。

小学生になるとメキメキと実力をつけ、小学4年時に小学生名人戦を制した
そうですね。

この小学名人戦を4年年で優勝したのは、渡辺明現竜王以来の快挙ということで、
未来の名人として期待される一人であるようです。

そして、16歳1ヶ月でプロデビュー。

中学生棋士というインパクトはないんですが、16歳ですよ!!

この記録は歴代でも6番目の年少記録

藤井聡太四段の連勝を止めた実力は、やはり伊達ではありませんね。

イケメンだけど、目つきが怖い?性格はどうなの?

佐々木勇気五段の話題になると、キーワードとして必ず出てくるのは
「イケメン」ってこと。

そして、注目されたのがその目つきの鋭さ。

もちろん、この目つきの鋭さは、相手に対して闘争心を丸出しにして、分析
している時のこと。

やっぱり、将棋だけではなく、水泳やバスケットボールなどのスポーツを
行ってきただけあって、その闘争心は抜群で、そういったところが滲み出て
しまうんかな。


でも、性格は「天真爛漫で誰からも愛されるキャラ」とか、「人懐っこい」
とか、「とにかく明るい」
と言われているそうです。


イケメンで、明るくて人懐っこい。

そして、当然、頭脳明晰。

勝負事時には、相手を鋭い眼光で分析。

こりゃ、女性ファンが増えそうな、くすぐりポイント満載ですわ!



スポンサーリンク

まとめ

●藤井聡太四段のデビュー以来の連勝記録を止めたのは、こちらも22歳と若手の
佐々木勇気五段!

●佐々木勇気五段は、プロデビューしたのは歴代6位の早さで、将来を期待され
る棋士の一人。

●佐々木勇気五段は、将棋の実力だけではなく、そのイケメン度、相手を分析し、
闘争心丸出しの眼光の鋭さが話題!!


藤井聡太四段が注目されて、将棋界全体が盛り上がってきた感じがしますね!

改めって驚いたのは、現在の将棋界には藤井聡太四段のように中学棋士とまで
はいかずとも、20代で将来を期待され、実績を残してる佐々木勇気五段のような
若い方が沢山活躍されていること。

佐々木勇気五段や藤井聡太四段が活躍すれば、もっともっと若い棋士にも
注目が集まり、新たなスターが生まれてくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!