「旦那デスノート」の恐怖!?30代主婦はストレスマックスで発散のため!?


(著作者: Sunshine Lady !)

毎日のように「不倫」だ、「離婚」だと芸能ニュースが世間を騒がせてますね。

はっきり言って、「芸能人ってお盛んねぇ・・・」状態だったんですが、
普通の一般の人でも「不倫」とか、「離婚」が日常茶飯事だったりするの!?

まあ、うちは僕が主夫で、半分ニートみたいなもんだけど、奥さんも大事にして
いるし、家事もちゃんとしているし、「不倫」とか「離婚」とかは、
ホント遠い世界の話。

もう円満、そのもの!!


・・・僕はね。

でも、嫁さんは「もしかしたら・・・」。

「不倫してる」とか、「離婚を考えている」とかなくても、もしかしたら
今の状況に不満を持っていたり、僕に恨みをもっているかもしれない!!!


というのは、今世間を賑わせている「旦那デスノート」なるものの存在を
知ってしまったからなのです・・・・

スポンサーリンク

『旦那デスノート』って冗談だよね?マジなの?

マンガの『デスノート』って知ってます?

超有名だし、映画にもなってるし、ある程度の年齢層になったらかなり認知度が
高いマンガですよね。

あれに出てくる「デスノート」。

そのノートに名前書いたら、名前書かれた人は死んでしまうっていうアレ。

当然、そんなノートがあったらチョー怖いわ~

使いこなせないわ~、とりあえず、あの人で試してみようかしら~

・・・って、冗談です。

そんなノート、この現実世界にあるわけないですよねぇ!!!

でも、今、話題沸騰中の「旦那デスノート」ってのはあるらしい・・・

「旦那デスノート」は旦那の恨みを書き込む掲示板サイト

「旦那デスノート」って掲示板サイトが話題なんですよ。

内容は、もう捻りも何もなくて、旦那に恨みを持つ奥さんが、旦那を恨み殺す
べく、掲示板に書き込むってもの。

もちろん、掲示板に書いたからって、本当に旦那さんが死ぬわけじゃないですよ。

でも、日本には「言霊」っていう考えがありますからね・・・

本当に強い怨念を入れたら、どうなるか分かりませんよ・・・

それに、掲示板内容を見ると、冗談には思えないようなマジ書き込みも多数
なんで読んでいたら、ガクブル状態になっちゃった。


このサイトは、現在、あまりにも人気がありすぎてアクセス集中!

サーバーがよく落ちています。

ちなみに、サイトのアドレスが「http://danna-shine.com/」。

サイトの管理人が死神さんらしいですから、凄い徹底しているのがわかるね。


でも、管理人の死神さんでもサーバーを落とすくらいのアクセスがあるってこと
ですからね。ココらへんも徹底してもらいたもんだ。

サイトの内容は、ちょっと過激すぎて、ココで紹介するのは僕の心臓に悪いの
で、興味ある方は検索して見て下さいね。



スポンサーリンク

30代女性は、不満がいっぱいあるのかも・・・、反省です。

「旦那デスノート」は30代主婦を対象にしているんですが、そう考えると
女性の30代ってのは、ものすごいストレスが溜まるって事なんでしょうね。

確かに、「子育て」という大きな問題も抱えていて、今は働きに出ている人も
多いし、確かに旦那への不満が出てくる年代かも。

「旦那デスノート」は、その鬱憤ばらしのいい方法なのかもね。

でも、知らんとこで嫁さんに

「あのポンポコリンお腹の、ニート野郎!!人を外で働かせておいて、
テメーは冷房効いている部屋で、どうでもいいブログを書いているなんて、
死ね!!!」


なんて書かれているかも・・・(内容は半分自覚 OTZ)


もちろん、うちはそんな事ありませんよ ((;゚Д゚)ガクガクブルブル

まあ、世の中の30代の奥さんをお持ちの皆さん。

奥さんを大事にしましょうね・・・

まとめ

●30代主婦には見えない不満が沢山あるのかもしれない。それを証明するような
1つが「旦那デスノート」というサイトの存在。

●「旦那デスノート」は、旦那に死んで欲しいと思う主婦が利用する掲示板サイ
ト。その中には、過激すぎる内容も多数!

●30代主婦はストレスがたまる時期なのかも。世の中のご主人さんは、そこんと
こ理解して奥さん大事にしましょうね。自戒の念を込めて・・・



ストレス発散するって意味では「旦那デスノート」ってのも、笑える範囲なら
ありかもしれませんね。

ただ、仮に自分の嫁さんが書き込んでいたとしたら、絶対に見たくないですけど。


ただ、松居一代さんの船越英一郎への暴露動画なんかの影響なんでしょうか、
こういった公に近い掲示板で書き込む際には、法的な責任が発生する場合も
あるみたいです。

自己責任で使用して下さい。って、ことですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする