枝野幸男の震災対応を再評価してみた!枝野寝ろ!とは?

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!


(画像は「枝野幸男公式サイト」より引用)

こんにちわ。政治はやっぱり大事だけど、今の下らない政治劇は果たして意味が
あるのかと疑問をもっっております、ストレスフリーの主夫男でございます。

先日から民進党の蓮舫さんが代表を辞任。

さらには、稲田朋美防衛大臣が辞任。

辞任ラッシュでありますが、そもそもこれまでよく辞任しなかったなというのが
正直なところ。


問題は、次に誰がなるのか?

ということで、今回は民進党の代表候補の1人と言われている枝野幸男さんに
注目。

特に、東日本大震災時、官房長官として寝ずの活躍をした時の対応について
振り返り、枝野幸男さんの再評価をしたいと思います。

スポンサーリンク

枝野幸男の震災時の対応を再評価してみる

一番の評価は、沈着冷静な語り口

2011年東日本大震災時に、最もテレビで見る機会が多かった1人。

それが当時、官房長官を務めていた枝野幸男さん。

等に、震災時の原発問題について、寝る間を惜しんで、問題が起きればすぐに
記者会見をする姿を覚えている人も多いでしょうね。

原発問題への対応は、人により評価には差がありますが、主夫男が注目したの
は、枝野幸男さんの話し方。

さすが、もと弁護士とでも言いましょうか。

未曾有の大震災に、日本が経験したことがない原発事故に放射能の恐怖。

いろんな噂に振り回される状態で、常に落ち着いた語り口の枝野幸男さんは、
しっかりと、かつ分かりやすく現状を説明してくれておりました。

この姿をみて、ある意味、安心を感じた人も多かったのでは?

←原発の状況を意図的に隠していたという意見もありますが、事実は分かりま
せん。ただ、はっきりと確定していない憶測を発表することで混乱を招くという
ことを避けて発表しなかったことはあったと思います。

あとから検証すれば、対応の善し悪し、情報を隠していたのではないかと、
いくらでも言えるとは思えるんですよね。

現状把握に、未知の物事を短時間で学ぶ能力


人間誰しも、完璧ではない。

全ての物事をしっている人間も当然いるわけない。

枝野幸男さんは元弁護士。当然、原発の専門家ではなく、知識もなかっただろう。

実際に、東日本大震災で原発事故が起きた時に、東京電力が現状を説明しても、
素人には理解できないわけだ。

これは枝野幸男さんも同じだったはず。

ここで、枝野幸男さんは東京電力の発表を、しっかりと翻訳して国民に不安を
不安を与えないようにするのが自分の使命だと情報の整理に務めたという。

今、当時の記者会見の様子を思い出すと、枝野幸男さんは状況を常に分かりやす
く説明をしてくれていたのを覚えています。

あの記者会見の裏で、不眠不休で状況を把握し、原発の基礎的なことを急務で
学んでいたという事実は凄いの一言でしかありませんね。



スポンサーリンク

「枝野寝ろ」とは何?

東日本大震災時、不眠不休の対応をしていた枝野幸男さん。

これは、枝野幸男さんの当時の対応を讃えた言葉でなく、事実のこと。

実際、3月11日から4日間は椅子に座って、1~2時間うたた寝した程度だった
んですね。

これは、日本を支えるいち議員の1人だったとしても、大変なこと。


深夜であっても、事態に変化があった時には、時間を置かずにすぐに記者会見を
行っていた枝野幸男さんに対して、この会見を見ていた視聴者が感銘し、
Twitter上で「#edano_nero(枝野寝ろ)」というハッシュタグを付けられるように
なったんですね。

これは、枝野幸男さんを応援するためのものだったんですね。

この枝野幸男さんの不眠不休の活動は海外メディアでも紹介されるほどだったん
ですよ。

まとめ

●民進党の新代表候補に立候補した枝野幸男さんの、東日本大震災時の不眠不休
の活動は再評価されるべきである。

●官房長官時の枝野幸男さんは、その落ち着いた語り口が、非常に安心感を与え、
かつ説得力があるものであった。

●東日本大震災時には不眠不休の活動を行っており、Twitter上で「#edano_nero
(枝野寝ろ)」というハッシュタグを付けて応援されるほど。その献身的な姿は海
外メディアでも取り上げられたほど。



枝野幸男さんが民進党の代表戦に正式に出馬することを発表しましたね。

個人的には、今の野党の中で枝野幸男さんが代表になるというのは、日本を
駄目な方向へと追い込んでいるとしか考えられない自民党に対して、間違って
いることをしっかりと追求してくれるのではないかと非常に期待しております。


ちなみに、震災当時の枝野幸男さんの不眠不休の活動ですが、不眠不休だったの
は周りも同じ。

特に、当時の副官房長官だった福山哲郎さんは、何かがあった時には、いつも
枝野幸男さんに声をかけて起こしていたというんですから、もしかしたら、
枝野幸男さん以上に不眠不休だった可能性はありますね。

いや~、いざとなると、政治家ってのは本当にやってくれるもんなのかもしれま
せんね。

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!