押切もえと破局した野間口選手はモデル佐藤優里亜と結婚

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

 押切もえさんと涌井選手の交際が報道されていますが、それと同時に押切さんの過去の交際なんかも紹介されていまして、押切さんは以前は巨人の投手・野間口貴彦選手と交際・破局しているということでした。野間口選手はその後、JJモデルの佐藤優里亜さんと結婚されているようでして、野間口選手ってどんな人か調べてみました。

 まず、野間口選手は昨年、10月に巨人から戦力外通告を受け、昨年で引退したと言うことです。プロの世界は厳しいと言っても、戦力外通告で引退っていう事実を見ると大変な世界だなと再認識してしまいますね。それだけ、年俸も貰っているといっても、やっぱり堅実に、そしてプロ選手としてストイックにいるべきだなと。お金があるから遊びまわってちゃいけないぞと思うのですが、これはまた別の話ですね。
 野間口選手は関西創価高等学校から創価大学に入学。高校時代からプロからの誘いはあったそうですが、進学を選んだそうですが、大学に入った後は大学リーグ戦が性に合わなかったようで中退し、シダックスに入団。当時の野村克也監督から英才教育を受けることができたので、選手としては非常に貴重な時期を過ごしたのではないでしょうか。その後、2004年に巨人に入団。2012年の取材によって、入団時の契約金が最高標準を大幅に越えた7億円だったことや、2004年の入団前から巨人から数回にわたって200万円を渡されたという事実が明らかになっており、プロ野球界または読売ジャイアンツの闇の部分がまた一つ明らかになってしまったようですね。
 2005年5月には一軍に昇格するも、あまり結果は残せず。2006年にも結果が出せずに、当時の原辰徳監督から「彼を先発で起用した私が間違っていました」と言われるほどだったようです。2007年からようやく活躍が見られ、セリーグ優勝にも貢献。2008年には中継ぎ起用になるも、不調が長らく続くことになりました。
 2013年には右肘痛を発症し、2014年には育成選手として再契約。2015年に再び育成選手から支配下登録選手へ復帰することになるも、怪我の影響から一軍には復帰できず、戦力外通知に至ったようです。

 2005年から2009年までに押切もえさんと交際していたということで、交際期間が野間口選手にとってはプロ選手としては一番充実していたころかもしれません。
 野間口選手のこれまでの軌跡を見てみると、いかにプロの世界が厳しいものなのかが良く分かりますが、それはそれとして、やっぱりプロ選手はやっぱり多かれ少なかれ遊んでんだなと。普通に考えてプロ選手とモデルとの接点って合コンとかしか考えられませんもんね。遊んでいてもしっかりと結果を残せればいいんでしょうが、結果を残せないとなると、ちょっと悲惨な未来が待ってるって考えると、ますますプロ選手は精進してかなきゃならんだろうなと、かってに思ってしまいますね。

(画像はhttp://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20101112-701069.htmlから引用)

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!