世界陸上2017の男子リレーメンバーは誰?メダル獲得で感動再びか!?

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!


こんにちわ。リオ五輪の男子400m決勝は何度観ても鳥肌立つし、涙が出てくる
くらい感動してしまう、ストレスフリーの主夫男でございます。


今回の世界陸上ですが、当然、男子400mリレーではメダル獲得が期待されて
いますし、夢の金メダルもと思っちゃいますよね。


気になるのは、やはり、誰が400mメンバーになり、それぞれの走者は誰になる
かってことですね。

今回は400mメンバーに注目!予想走者を調べてみました。

スポンサーリンク

日本悲願の金メダルへ!男子400mの走者は?

昨年のリオ五輪で銀メダルを獲得したときのメンバーはと言えば、第一走者が
山縣亮太選手、第二走者が飯塚翔太選手、第三走者が桐生祥秀選手、そして
アンカーがケンブリッジ飛鳥選手でしたね。

さて、今回の世界陸上ですが、大幅にメンバーが変わる可能性もあるんですよね。

というのも、リオ五輪の第一走者である山縣亮太選手が日本代表落ちなんですよ。

第三走者の桐生祥秀選手も100m代表落ち。

その代わりと言ったら変ですが、国内の競技会で初の9秒台を出して一気に
注目された多田修平選手や、無念の五輪落選から一気に力を付けてきた
サニブラウン選手と役者は揃った感じですよね。

第一走者は多田修平


(画像は「日本陸上競技連盟公式サイト」より引用)

第一走者は、今回の世界陸上の100mで金メダルを獲ったガトリン選手がその
スタートを褒めた多田修平選手しかいないでしょう!

多田修平選手はスタートに注目されておりますが、実は前半のダッシュも
かなりの定評があるんですね。

もし最高のスタートを切ることができ、その勢いでトップを奪える可能性は大!

そうなれば、他の国へのプレッシャーになって、バトンミスを誘えるかも
しれません。

第二走者と第三走者はリオ五輪と同じ


(画像は「日本陸上競技連盟公式サイト」より引用)

第二走者と第三走者は、リオ五輪に引き続き、200mのスペシャリストの飯塚翔太
選手から、日本短距離界のエースである桐生祥秀選手へバトンをつなぎます。

飯塚翔太選手はリオ五輪の銀メダルをはじめ、アジア記録の37秒60の記録を
保持しています。


(画像は「日本陸上競技連盟公式サイト」より引用)

そして、第三走者はやっぱりこの人、桐生祥秀選手。

100mでは代表落ちという悔しさを経験しているだけに、ここでそれをバネに
爆発を見せてほしいですね。



スポンサーリンク

アンカーはケンブリッジ飛鳥?


(画像は「日本陸上競技連盟公式サイト」より引用)

アンカーは、順当にいくとリオ五輪のケンブリッジ飛鳥が順当でしょうね。

ただ、ケンブリッジ飛鳥選手は体調不良という情報もあるんですね。

予選のメンバーとして、アンカーはケンブリッジ飛鳥選手であると発表されて
いますが、予選の結果次第ではメンバーの入れ替えもあるかもしれません。

不安要素も多い?大胆な走者変更もある?

日本の不安要素は、やはりケンブリッジ飛鳥選手の体調。

実は、第一走者の候補はサニブラウン選手だったてのも、日本代表にはマイナス
要素になっているのは間違いない。


この中でメダルを目指していくとなると、予選の結果次第では大きな走者変更も
必要となるかもしれませんね。

まとめ

●リオ五輪の感動を再び!世界陸上男子400mリレーのメダル獲得に期待!

●多田修平選手など、新生が現れてきて、さらなる活性化が期待される日本代表。
第一走者はその多田修平選手。第二走者が飯塚翔太選手。第三走者は日本のエー
ス桐生祥秀選手。そしてアンカーはケンブリッジ飛鳥選手。

●ケンブリッジ飛鳥選手の体調があまり良くないという情報もあり、予選の結果
次第ではメンバーの大きな変更もある可能性も。



男子400mリレーは第一予選が8月12日の18:55分

そして、決勝が13日の朝5時50分の予定になっています

この時間はテレビの前に釘付けですね。

さて、決勝は起きられるんでしょうか・・・

是非とも、感動を生で観たいですよね。

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!