DAOKOアニメ主題歌「打上げ花火」で注目!美人で小説も書く多才さに脱帽!

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!


(画像は「DAOKO公式サイト」より引用)

こんにちわ。観たい映画やアニメがあっても、時間がなくていつも観る機会を
逃してしまっている主夫男でございます。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が今週金曜日から公開されま
すね。

正直、予告編の映像を観て、声優に挑戦されている広瀬すずさんと、
菅田将暉さんが違和感ありまくりで、興味がなかったんですが、主題歌を聞いて
鳥肌立っちゃった。


で、この歌を担当しているのが「DAOKO×米津玄師」なんだって。

どっちも知ってる?僕はどちらも知らんかったんだわ。

とうことで、今回は特に声の清涼感からとても好感を持てるDAOKOに注目して
みましたよ!!

スポンサーリンク

DAOKOのプロフィール

名前のDAOKOは「だをこ」と呼びます。「お」じゃなくて「を」ね。

生年月日:1997年3月4日 現在20歳

出身地:東京都

職業:ラップシンガー

活動期間:2012年~

「打上花火」しか知らんと、ラップシンガーっていうイメージがないな。

活動は中学3年生のころからなんだって。

ニコニコ動画に自作のラップを投稿して、その後、アニメとのコラボ曲で話題に
なったってんだけど、まさに今時のアーティストって感じだよね。

才能があって、個性があって、行動力がある。

もう、スカウトやら、コンテストやらで評価されなくても、直で聞く人たちに
歌が届いて評価されたら、アーティストって認められるんだもん。

この時代を才能ある者だけの不公平な時代とするか、それともただ行動して、
その才能を認められるように努力をする時代ととるかで、将来は随分と
変わってくるかもなぁ。

魅力的なウィスパーボイスって何?

なんか、DAOKOさんの紹介で、魅力的なウィスパーボイスって書かれていたん
だけど、DAOKOさんの声を聞いてもパッと意味がわからなかったんだよね。

どうやら、囁くような歌声ってことらしいだよね。

なんでも、この囁くような歌い方ってのは、前述したように中学3年生時から
ネットに作品を発表していたわけだけど、その作成するPCが家に共同のものしか
なかったんだって。

だから、夜中に家族にバレないようにして、こっそり内蔵マイクに向かって
ラップを録音していたのがルーツ
らしい。

なんだか、可愛らしいよね。



スポンサーリンク

DAOKOは美人?小説も書いて多才なり

DAOKOさんは、デビューからしばらくは顔出ししていなかったそうですが、
特に何か理由があったわけでもないみたい。

今では顔出しもしているし、フェスとかにも出ているし。

で、そのご尊顔ですが、声のイメージ通り、とても美人な方ですわ。

小説家としても才能発揮!?

歌手として注目を浴びているDAOKOさんですが、その才能は歌手だけに留まらず、
なんと雑誌『ダ・ヴィンチ』で「ワンルーム・シーサイドステップ」という
小説も連載
してんですわ。

写真とか、絵などのビジュアル面もDAOKOさん自身が担当しているんだって。

いやいやいや、20歳でしょ?

ちょっと、才能発揮しすぎでしょう?

まとめ

●『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌を担当するDAOKO
さんが注目されているらしい!

●ウィスパーボイスが魅力のDAOKOさんは、中学3年時にニコニコ動画にアップし
た動画が注目された天才肌。

●現在は歌手としてだけではなく、小説家としても活躍中の、末恐ろしい20歳。



主題歌は「打上花火」って言うんだけど、もう、この映画の予告編をそのまま
プロモーションビデオにして良いよ。

本編がなくても、勝手に物語を想像しちゃう感じで、それでよくない?
って、思っちゃった。

なんか、この曲だけで物語の世界観を作っちゃってるもんね。

いや、ホント、今後ブレイク間違いないしって言われているのが分かりますわ

その才能に惚れてしまうやろ~

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!