ノドンミサイルの破壊力や射程範囲は?核搭載で半径5kmは壊滅状態!?

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!


こんにちわ。
日々、北朝鮮の動向を厳しくチェックしております、北朝鮮ウォッチャーの
主夫男でございます!


日に日に、北朝鮮のミサイルの脅威が高まっていっている感じがするのですが、
これは主夫男だけが感じていることなんでしょうか?

まだまだ、日本には何だかんだ言って、ミサイルなんて打ち込まないっしょ!

って人が大半かなとは思うんですが、やっぱり日本に攻撃するっていうよりも、
米軍基地を攻撃するっていう可能性は拭い去れないと思うんですよ。

それで心配になった主夫男、いろいろ調べてみると、もし、北朝鮮が日本へ
ミサイルと打ち込むということになれば、使用される可能性が一番高いのが
ノドンミサイルであることが分かりました。

となると、やはり気になってくるのがノドンミサイルの性能ですよね?

ということで、今回はノドンミサイルの性能に注目!

その射程距離や特徴、そして破壊力について調査してみました!

スポンサーリンク

ノドン(火星7型)とはどんなミサイル?

北朝鮮で「火星7型」と呼ばれるノドンミサイル。

このミサイルは日本を攻撃するために開発されたと言われており、実際に現在の
北朝鮮のミサイル兵器の主軸を担っているミサイルなんですね。

性能的には中距離弾道ミサイルでして、射程距離は2000km以下。

精度は別として、日本のほぼ全域が射程距離内となっており、日本にとって
一番脅威となるミサイル。

名前は変ですが、車輌から発射するってのも嫌なところ。

だって、発射位置が特定しづらいからね。

事前にミサイル準備をしているのを衛生で見つけて攻撃するってことが
できないってわけですよ。


このノドンミサイルが大量に配備され、日本に向けられているって考えたら、
何とも恐ろしい状態ですよね。



スポンサーリンク

ノドン(火星7型)の破壊力は?

日本のほぼ全域を射程距離内とするノドンが、すでに日本の方角へ配備されて
いると想像すると、背筋が凍るような恐怖を感じてしまいますね。

ノドンは精度も他の北朝鮮が所有するミサイルよりも精度が高いとも言われて
いますし、これがピンポイントで打ち込まれてしまったら、日本は大混乱に
陥ってしまうでしょうな。

となると、やはり気になってくるのがノドンの破壊力!

ただ、この破壊力ってのは、正直なところ分からないんです。

というのも、ミサイルって奴は、威力を決めるのは「弾頭」に何を載せるかに
よって決まるんですよ。

つまり、ミサイルを北朝鮮が打つ込むって簡単に行っても、「弾頭」に火薬を
詰めるのか、核兵器を搭載するのか、はたまた大量化学兵器を搭載するのかで
大きく結果が変わるっていうこと。

仮に核弾頭が搭載されたら!!!

多くの人が考察しているんですが、ノドンに仮に核弾頭を搭載するとしたら、
なんと50キロトン
になる。

この量、単純計算でなんと広島に落とされた原爆の約2倍の破壊力に!!

こんなの東京に落とされた日にゃ、一体どうなるんでしょうか?


予想される被害として、半径5kmの範囲はまず熱風などで壊滅的な状態に。

この範囲には生存者はいないでしょう・・・

さらに半径10kmは放射線汚染によって、被爆地帯となると言われています。

まあ、即死は免れても、この範囲にいた人間は亡くなる可能性は非常に
高いでしょうね・・・

これが東京のど真ん中に落とされたって想像した日には、怖くて夜トイレに1人
でいけなくなるレベル!

・・・実際のところは、北朝鮮のミサイル、および核兵器の技術力ってのは
未知数なところが多い
んですよ。

だから、そもそも核弾頭を搭載することもできないかもしれないし、できるの
かもしれない。

その不明確さが、無駄に北朝鮮の恐怖を煽っているのかもしれませんね・・・

まとめ

●北朝鮮が日本にミサイルを打ち込むとしたら、可能性が一番高いのはノドンミ
サイルと言われている。

●ノドンミサイルの射程範囲は、ほぼ日本の全域を抑えている。精度も他のミサ
イルよりいいとされ、大量配備されているという話もある。

●ノドンミサイルに核弾頭が搭載された場合、落下地点から半径5kmは壊滅状態。
10kmは放射線汚染地域となる。



実際のところ、北朝鮮のミサイル技術がどれくらいのものなのか、不明確な
ところは多いんですよね。

あのトップのタヌキが大ぼら吹きだ、ってのは分かるんですが、だからと言って
過小評価するのも妥当ではないんですよね。

実際のミサイル発射訓練を見ていると、確実に技術力は上がっていっているのが
分かりますもんね。

やはり、我々にできることは、変な憶測などで振り回されて混乱に陥らないこと。

そのためにも、正しい情報、正しい知識を得ていかなきゃなりませんね。

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!