ミサイルから避難するには?屋内・屋外の対応の違いに注意!

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!


こんにちわ。
日々、北朝鮮の動向を厳しくチェックしております、北朝鮮ウォッチャーの
主夫男でございます!

北朝鮮の挑発的なミサイル実験。

もう他人事だと思っていたら、超危険ですよ。

実際、北朝鮮が日本に向けて直接ミサイルを打ち込むつもりがなくても、これ
だけミサイル実験を繰り返していたら、いつか失敗して日本本土に落ちてくる
って可能性は十分ありますよね。

迎撃システムやら、Jアラームやら、国は対応を整えてきていますが、
その技術や情報を活かすことができなければ意味がない。

ということで、主夫男は今日も有事に備えて知識を蓄えております!

備えあれば憂いなし、ということで、今回は仮に日本本土にミサイルが落とされ
た場合にどのような行動をすべきか、ということに注目しました!

屋内、屋外にいる場合で微妙に対応が変わってきますので、要チェックですぞ!

スポンサーリンク

警報から残された時間は約5分!基本は屋内に!

まず、ミサイルが落ちてから何かをするのではなく、ミサイルが落下する可能性
がある場合は、Jアラートや自治体のメッセージが警報を鳴らすんで、そこで
避難しなけりゃならない。

当然だよね?落ちてから逃げ始めたら意味ないよね。

で、Jアラートなり、自治体の放送なりで警報が出されてから、ミサイルが
落ちるまでの残された時間はどのくらい?


その答えは、約5分!!!!

たった5分で何をすればいいの!?

と怒り狂う人もいますが、とにかくこの短時間でも命を守るための行動を取る
か取らないかで、生存率はかなり変わる!

それをまず知っておかなきゃならない。

屋外にいた場合!屋内へ逃げ込め!

とにかく、避難の基本は屋内に逃げ込むってこと

屋外にいたら、近くのできるだけ頑丈な建物や地下に避難すること!

頑丈な建物って言っても分かりにくいけど、とにかく鉄筋コンクリートなどの
建物ね。

地下だったら、ベスト!!


と言っても、ほとんどの場合は頑丈な建物も地下もない状態が多いのでは?

そんな時は、とにかく建物に入ること。

それも難しかったら、物陰に身を隠す。

物陰さえなかったら、地面に伏せて頭部を守る姿勢を取ること。



スポンサーリンク

屋内にいる時の注意点!

屋内にいた場合、注意しなければならないのは窓から離れること。

窓がない部屋へ移動するのがベスト!

建物の強度があまり強くないと思ったら、トイレやお風呂場に逃げ込むって
のがいい。

窓から離れるのは、ミサイルの着弾時の爆風や破片から見を守るため。

屋内にいた場合でも、5分以内に移動できるなら、より頑丈な建物に逃げ込んだ
ほうがいい。

建物自体が倒壊する恐れもあるしね。

車内にいる時はどうする?

考えられる、もう1つのパターンが運転中の車内にいる場合。

この場合も、ベストは車を止めて、頑丈な建物や地下に逃げ込むこと。

これは、やっぱり変わらない。

近くに建物や地下がないなら、車はガソリンなどに印加する恐れがあるので、
車内に留まるより、車から離れて地面に伏せるほうがいいんだって。

ただ、高速道路などを走っている時は、安全なところに停車して、車内で姿勢を
低くして待機する方がいい。

ここらはケースバイケースかな。

まとめ

●Jアラートなどの警報から、ミサイルが着弾するまで残された時間は約5分!こ
の短い時間にどんな行動をするかで生死が分かれる可能性大!

●基本は、頑丈な建物に逃げ込むこと。可能であれば地下に逃げ込むこと。これ
はミサイル着弾時の爆風や破片での怪我を防ぐため。

●建物に入ったら、爆風で窓ガラスが破損して怪我をしないように、窓から離れ
ること。トイレやお風呂などの空間に逃げるのもよい。



とにかく、避難の基本は頑丈な建物に入ること。

ベストは地下に逃げ込むこと。

核弾頭や、生物化学兵器の場合には対応は難しくなりますが、普通の弾頭であれ
ば、とにかく屋内に逃げ込むことが大きく生死をわける分岐になる。

簡単なことですが、これだけを家族、特に昼間は一緒にいることが少ない子ども
たちには教えておいたほうがいいでしょう。


避難時に準備しておくべき防災用品はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓
防災セットSHELTER 2人用【防災士監修全43品の防災グッズ】国内生産7年保存食・7年保存水、国産エアーマット、凝固剤不要トイレ、高機能防災ラジオライトなど72時間を生き抜く防災グッズが入った頼れる非常用持ち出し袋 家族 二人用 避難セット 防災用品 震災・有事への備え

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!