高山善廣が試合中の事故で大怪我!失敗した回転エビ固めってどんな技?


こんにちわ。プロレス好き以上、プロレスマニア以下、くらいの位置でプロレス
を観ている主夫男でございます。

「友達以上、恋人未満」的な表現をしましたが、よく分かりませんね(笑)


いま、女性ファンも多くて、まさにプロレスブームで盛り上がっているのが、
ガンガン伝わってくるんですが、そんな中で心配なニュースが伝わってきました。

ドラマやバラエティ番組でも活躍されている高山善廣選手が試合中の大怪我に
より、プロレスラーとしての復帰はおろか、寝たきりの状態にあるというんです。

今回はプロレスラー高山善廣選手に何があったのか?
そして、現在、どんな状況にあるのか?
試合中の事故の原因となった技はどんなものなのか?

調査してみました。

スポンサーリンク

プロレスラー高山善廣選手が試合中の事故で大怪我!

高山善廣選手は、新日本プロレスに賛成していたころ、深夜に放送されていた
『ワールドプロレスリング』で活躍を観ていた記憶があります。

バラエティ番組や、ドラマにも出演していたので、やっていたら観るぐらいの
スタンスの主夫男でも知っているプロレスラーの1人でしたね。

結構、プロレスを観たことはないけど、高山善廣選手は知っているとか、
観たことがあるとかって人多いんじゃないかな。

そんな高山善廣選手が試合中に負った大怪我で、現在、復帰が難しい状態に
あるということで、心配ですよね。

頸髄完全損傷によって、寝たきり?

今年5月の試合で、高山善廣選手は相手選手に、前方回転エビ固めといいう技を
かけた際に頭部を強打し、そのまま病院に緊急搬送
されました。

その後、病状は明かされることなく、今月4日に所属団体が記者会見を行い、
高山善廣選手が頸髄完全損傷という状態にあり、肩より下が麻痺していて
寝たきり状態であることが公表されました。

そして、頸髄完全損傷というのは、回復の見込みのない状態であると・・・

頸髄完全損傷ってのは、専門的には分かりませんが、脳と身体をつなぐ神経の
束がある頸髄が損所してしまったということ。

そのため、全身のマヒが起こって、動くことができない状態にあるんですね。

そして、これは回復することが困難であるということなんです・・・。



スポンサーリンク

怪我の原因となった回転エビ固めってどんな技?

高山善廣選手の怪我の原因となったのが、「前方回転エビ固め」という技

どんな技なんでしょうか?

上記の写真が、技に入る瞬間。

この後、前転しながら相手の股下に入り込んで、相手を丸め込んでフォールを
狙う技なんですね。

分かりやすい動画がYouTubeにありました。

この前方に飛び込んだ時に、高山善廣選手は頭から落下して、怪我を負ったん
でしょう。

技としては、プロレスの中でもオーソドックスなもの。

それだけに、いつどんな時でもプロレスは危険と隣り合わせで、簡単と思われる
技にも危険は潜んでいるってことですね。

高山善廣選手は、長年のプロレスラー人生で、相当なダメージが身体に蓄積して
いたというのも考えられます。

実際、椎間板が一般の人と比べ、損傷・劣化が酷かったと言われていますしね。
(一般の人でも、年齢経過によって椎間板は劣化していくらしいんです)

まとめ

●バラエティ番組やドラマでも活躍していたプロレスラーの高山善廣さんが、試
合中の大怪我で重症。寝たきり状態にあるという。

●怪我は頸髄完全損傷で、回復の見込みはないと医者には診断されている。

●怪我の原因となったのが、前方回転エビ固めというプロレスではオーソドック
スな技。簡単と思われる技であっても危険が潜んでおり、プロレスラーがやるか
らこそ簡単に見えるだけで、一般の人は絶対に真似してはいけない。



今現在、高山善廣選手を支援するために、プロレス界全体が協力しあっています。

高山善廣選手と関係が深い前田日明選手も協力を呼びかけています。

プロレスファン、すべての人が高山善廣選手を応援しています。

プロレスラーの強さ。プロレスラーの奇跡を見せてくれることを願っております!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする