石川祐希の愛用シューズとネックレスは?ブランドや金額をチェック!


こんにちわ。好みとしては、男子バレーより、女子バレーの方が攻防を楽しめる
気がして好きな、主夫男でございます。


バレーボール全日本男子で、いま最も注目されている選手って誰っと聞かれたら、
石川祐希選手!!

石川祐希選手は実力はこれからの日本代表を背負っていく逸材。

そして、ルックスの良さが抜群!

女性ファンにはたまらんのではないでしょうか?

今回は石川祐希選手が愛用しているものに注目!

トップアスリートである石川祐希選手の愛用しいるシューズや、胸にキラリと
光るネックレスのブランドはどこのものでしょうか?

スポンサーリンク

石川祐希の愛用シューズはコチラ!

先日も日本人初の100m9秒台を出した桐生祥秀選手のスパイクがどのメーカー
のものか話題になっておりました。

石川祐希選手の使用しいているシューズもやっぱり気になりますよね?

やっぱり、憧れの選手や人気選手と同じモデルのものを揃えたいってのは、
ファンの心理ですよね!


コチラが石川祐希選手のシューズ。

もちろん、今回のグラチャンバレーでは他のモデルを使用する可能性もあります
が、石川祐希選手はアシックスのシューズを愛用しているとのこと。

(桐生祥秀選手もアシックス製のスパイクで日本人初の9秒台記録しました!)

上記の写真と同じモデルのシューズはコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓
アシックス asics バレーボール シューズ メンズ GEL-V SWIFT CV LO ゲルブイスウィフトCV TVR485 0190

コチラは2017年モデルとして発売されていますね。

特徴として、屈曲性とグリップ性に優れていて、激しい動きに向いているとの
ことで、やはりアタッカーとして激しく動き、かつしっかりと地面を蹴り
ジャンプする必要がある石川祐希選手にベストなものですね。



スポンサーリンク

石川祐希の気になるネックレスはコチラ!

シューズはバレーボールしている方には、同じモデルのシューズを使うってのは
憧れの1つでしょうが、バレーボールしていない人は購入するってことは
少ないかもしれませんね。

それでも、石川祐希選手と同じものを持っていたいって方!

コチラのネックレスなんて如何でしょうか?

SEVというブランドの「メタルバーチカルV2」というもの。

スポーツ選手がネックレスを付けているとなると、「なんてチャラチャラした
奴なんだ!」とお叱りを受けそうですが
、確かにオシャレを意識しているのも
あるんでしょうが、どうやらそうではない。


石川祐希選手が愛用しているSEV「メタルバーチカルV2」はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
SEVメタルバーチカルV2 セブ SEVネックレス 送料無料 あす楽 プレゼント付 サイズ調整可 セブ 健康ネックレス 健康アクセサリー スポーツネックレス セブ ネックレス 肩こり 腰痛 石川祐希選手

なんでも、このネックレスは天然鉱石と数十種類の金属を組み合わせて作った、
職人が1本1本丁寧に作り上げたものなんだって。

これを付けると、ネックレスから発生される微量の電子が、付けている人を
活性化させる
というんですね。

実際に、トップアスリートで愛用している方が多いんで、効果はあるのかもしれ
ませんね。

金額は24000円くらいで購入できるみたい。

ちょっと興味あるなぁ~主夫男も試してみようかなぁ・・・

ちなみに、試合中以外のプライベートでもしっかり着用しているみたいですね。


石川祐希選手が愛用しているSEV「メタルバーチカルV2」はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
SEVメタルバーチカルV2 セブ SEVネックレス 送料無料 あす楽 プレゼント付 サイズ調整可 セブ 健康ネックレス 健康アクセサリー スポーツネックレス セブ ネックレス 肩こり 腰痛 石川祐希選手

まとめ

●バレーボール男子日本代表で、今最も注目されている選手が石川祐希選手。

●石川祐希選手が愛用意しているシューズはアシックス製。やはり、日本人の足
にフィットする靴を作り上げるのはアシックス!

●石川祐希選手が愛用するネックレスはSEV「メタルバーチカルV2」。オシャレ
目的だけではなく、ネックレスから発生される電子が、身体の活性化を行うもの
で、多くのアスリートに支持されている!



やっぱり、憧れている選手や人の使っているものって、自分も愛用したくなり
ますよねぇ。

これは、どうやら年齢は関係ないみたいですね。

うちの息子は6歳位の時から、嫁さんの影響からクロマニヨンズが好きで、
嫁さんとライブに行ったりしているんですが、ヒロトさんが履いていた靴を
偶然、靴屋で発見!

大人用のものしか在庫がなく、長時間の息子さんの説得に根負け。
ジュニア用の同じモデルを取り寄せる、という事件があったのは良い思い出です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする