セカンダリー・ボイコットは激怒トランプの次の手!?その意味と影響は?

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!


こんにちわ。
日々、北朝鮮の動向を厳しくチェックしております、北朝鮮ウォッチャーの
主夫男でございます!

先日、アメリカのトランプ大統領が北朝鮮を直接批判する声明を出したことで、
北朝鮮側は強硬姿勢を示すものとして、太平洋上での水爆実験実施をするという
発言をしており、米朝関係の緊迫感が一気に上がったと思ったのに・・・

またまた、トランプがやってくれた!!

今度は、セカンダリー・ボイコットなる施策を全面施行を決定!

これは、完全に戦争前夜だわ・・・

下手すりゃ、中国、ロシアも敵に回すような施策を行うってのは、完全に北朝鮮
を潰しにかかっているとみて、間違いないかも。

今回は、トランプが施行したセカンダリー・ボイコットに注目!

その内容や影響いついて調べましたよ!

スポンサーリンク

セカンダリ-・ボイコットの意味は何?

「セカンダリー・ボイコット」

あまり聞き慣れない言葉ではないでしょうか?

言葉を分解すると何となく意味は分かるんだけどね。

日本語で簡単に言うと、「2番目のボイコット」ってこと。

今回、この「セカンダリーボイコット」を北朝鮮にむけて施行したというのは、

北朝鮮と貿易や金融取引を行う第三国や機関を制裁できるというもの。

つまり、これまで国連決議によって、北朝鮮への貿易を制限したところで、
北朝鮮と第三国が貿易したところで、その第三国に制裁を行えなかった。

が、今回の「セカンダリー・ボイコット」を行うことで、国連決議を無視して
北朝鮮と関係を持つ国に制裁を行うよってわけ。

そう言えば、お隣のお馬鹿な国・韓国は、国連決議で経済的制裁を決議した
すぐに人道的支援といって北朝鮮に8億円の援助しようとしてトランプが
激怒していましたね(笑)

こういった、韓国のような国にたしいて制裁を行えるってことですね。

制裁の具体的な内容はどんなの?その意味するところは?

具体的な制裁の内容と言いますと、北朝鮮と貿易や金融取引をする国と個人に
対して、アメリカは取引を停止するというもの。

つまり、実質的、北朝鮮との金融取引をするということは、国際社会の中で
金融取引を行えなくなるということ

さらに、北朝鮮の港や空港に出入りした船舶や飛行機は、アメリカへの入港や
着陸が180日間禁止する
というもの。


これによって、北朝鮮と取引をして資金を提供となる貿易や、北朝鮮への物資の
輸出を封じ込めるということ。

トランプは

「致命的な(核)兵器を開発しようとする北朝鮮の収益の源泉を断つ」

とコメントしているように、まさに北朝鮮の資金源、物資獲得の経路を
絶つということ。

これはかなりの効果があるのは間違いない。

実際、中国系の銀行は、この施策が施工されてすぐに北朝鮮との取引を停止した
模様。
これだけで、北朝鮮への資金流入の道が1つ減ったことになりますわね。



スポンサーリンク

セカンダリー・ボイコットは諸刃の剣?


実質的に「セカンダリー・ボイコット」は、国連決議の経済制裁以上の効果が
ある可能性は高い。

それだけに、影響力も強そう。

まず、北朝鮮としては、徹底的に追い込まれていく状況となったわけで、これを
打開するためには白旗を振って、原子力爆弾を放棄など行っていかなければ
ならない。

でも、金正恩はこの選択は絶対しないでしょ。


ということは、現在の武力を駆使して戦争に持ち込み、アメリカを打ち負かす
しか道はなくなるわけだ。

追い込まれた北朝鮮が何をしでかすかわからない、そういった状況になってしま
ったというのは間違いない。

もう1つの影響は、北朝鮮に秘密裏に援助しているのではないかと言われている
中国とロシアを刺激する可能性が高いということ

援助をしていないとしても、中国とロシアは北朝鮮にとっては、国際社会の窓口
のようあもの。

この微妙な関係が、どう崩れていくのか・・・

微妙なバランスが崩れた時に、アメリカと中国・ロシアの関係がどうなるのか?

ここが恐ろしいところではないでしょうか・・・

自分はもちろん、家族を守るためにも常日頃から非常時に備え準備すべき。
コチラのショップで扱っている防災グッズは役に立つ時が来るかも。
備えあれば憂いなし。主夫男もこの前ココで購入しました!
↓ ↓ ↓ ↓
防災グッズ アットレスキュー

まとめ

●アメリカと北朝鮮の緊張は日に日に増すばかり。北朝鮮の太平洋上での水爆実
験発言の翌日には、トランプ大統領が「セカンダリー・ボイコット」を施行。

●「セカンダリー・ボイコット」は、北朝鮮との貿易や金融取引をする第三国と
個人に制裁を行うもの。これにより、北朝鮮の資金流入はかなり減る模様。

●「セカンダリー・ボイコット」の影響力は大きく、北朝鮮を弱体化する一方で
追い込みをかけてしまい、戦争に踏み切らせてしまう可能性も。北朝鮮と微妙な
関係にある中国とロシアへの刺激も懸念される。



アメリカのトランプ大統領の本気っぷりが垣間見えてきましたね。

さすがに、数度の太平洋へのミサイル発射と、北朝鮮の水爆実験示唆は動かざる
を得ない状態になってしまったというわけか。

ここで、心配になってくるのは、やはり日本にどのような影響が出てくるのか?

北朝鮮とアメリカが戦争に突入したら、やっぱり、日本国内の米軍基地は攻撃
対象になってくるんだろうな・・・

一体、この国際情勢はどうなっていくのか・・・

非常に心配ですね。

北朝鮮の太平洋上での水爆実験が行われる日はいつなのか?
その影響についての考察はコチラ!

↓ ↓ ↓ ↓
北朝鮮水爆実験のXデーはいつ?日本への影響と米朝開戦へのシナリオは?

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!