立憲民主党のリベラル派とは何?希望の党との争点は?分かりやすく解説!

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!


こんにちわ。毎日、野党の構成がひっくり返るような出来事が連発の今回の
衆院選、正直、ついていくのがやっとの主夫男でございます。


民進党の枝野幸男代表代行がとうとう動き出しましたね。

本日、「立憲民主党」を結成!

民進党のリベラル派を率いる形となりそうですね。


と・こ・ろ・で、「リベラル派」ってなんぞや?

みんな、知ったふりして、本当は詳しいの知らないんじゃいないん?

何を隠そう、主夫男は知ったふりで、本当の詳しいところはあまり分かって
ませんからね(笑)

今回は、リベラル派とは何か?

立憲民主党と希望の党の論点は何か?

注目してみました!

スポンサーリンク

リベラル派って何?チョー簡単に説明すると・・・


リベラル派を、チョー簡単に説明すると、

「国の仕組みを新しくしよう!」

「古い習慣を変えて、新しいことをどんどんしよう!」

という考え。

ちなみに、リベラル派の反対の、

「新しいことが必要かじっくり検討して、これまでの伝統や文化を守ろう!」

ってのが、保守派ね。


自民党は保守派であり、希望の党も「改革保守政党」を名乗っています。

そもそも、リベラル派が多い民進党と希望の党が手を組むってのが最初っから
無理があった
のかもしれませんね。

さらに突っ込めば、民進党内にも保守派とリベラル派が存在していたんだから、
寄せ集めって言われていても仕方がないですよね。

むしろ、今回の希望の党との合流の中で、民進党が保守派とリベラル派に
はっきり別れたのは今後、いい影響がでるかもね。

民進党リベラル派と希望の党の考えの違いは?

民進党のリベラル派と希望の党の考えの違いの争点は大きく2つ。

ひとつ目は憲法改正の是非について。

民進党のリベラル派の考えとしては、憲法改正については反対。

特に憲法9条の内容に関しては、非常に論争が上がっていますよね。


対する希望の等は、憲法改正には前向き。

希望の党は、実はしっかりとした政策を未だ打ち出していないため、どこまでの
改正を目指すのかは分かっていません。

ただ、憲法9条についての改正は必要だと考えているのは確か。


ふたつ目の争点が、安全保障政策の違い

民進党リベラル派は、安全保障に関して、自衛隊は憲法9条に違反している
という考えに近い。

突き詰めていってしまうと、9条で平和主義を主張しているし、平和主義を
掲げておけば攻撃されないぞ!

というかなり乱暴は意見にもなりかねない。


対する、希望の党は、安全保障に関しては現実的な考え。

だって、現実的外国から攻撃された時に、そうするのか?武力で対抗することも
一定は必要なんじゃないかという考えですよね。


実際のところ、この問題ってのは本当に難しく、かつ両者の考えをとことん
突き合わせていくべきものなんだよね。



スポンサーリンク

立憲民主党はどうなっていく?


本日生まれた立憲民主党は、言ってしまったら希望の党の公認を受けられない
議員の受け皿だとみられても仕方がない
かもしれないですよね。

実際、今までの民進党内で保守派と手を組んでいたのが、不思議なくらい
ですから、いつかは別れる時は来たのかもしれません。

ただ、そのきっかけとなってしまったのが、希望の党への合流であり、希望の党
からの選別作業だったというのは、結党理由としては非常にマイナスになって
しまうのは避けられない
だろうね。

ただ、投票する側からしてたら論点としては非常に分かりやすくなったのは
間違いない。

あとは政策をはっきりさせ、ガチガチに争えばいいだけだからね。

リベラル派とは何?まとめ

●リベラル派とは、国の体制を新しくしていこうという革新的な考え。対する保
守派は、これまでの体制や伝統を守って、新しい考えには慎重。

●民進党内ではそもそも保守派とリベラル派が混在。希望の党合流も、全員が合
流できるというのはそもそも無理があった!?

●民進党のリベラル派が、枝野幸男さんを中心に立憲民主党を結成!



今回は、かなりザックリとリベラル派をまとめてみました。

実際には、もっと細かな点での考えの違いがあり、中にはリベラル派を左翼と
位置づけている人もいるようですね。

ただ、いまの政治体制からリベラル派を一様に、こういったものだと決めつける
のは非常に難しいみたい。

もちろん、これは保守派でも同じこと。

今は具体的な政策が出ていないので何とも言えないところもありますが、自民党
と希望の党は、実はかなり政策が同じなんですよね・・・

選挙後に自民党と希望の党が連携するんじゃないかとも言われているし、一体、
政局はどうなっていってしまうんでしょうか・・・

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!