猫バンバンって何?そのやり方は?簡単なことで猫の命を守ろう!

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!


こんにちわ。猫より犬派。飼っているのは文鳥の主夫男でございます。


ここ最近、主夫男が聞いた変な言葉

「猫バンバン」

これって、何?

調べてみると、あの日産自動車が広めている言葉なんですよ。

日産と猫・・・

どんな関係あんのよ!!!

ということで、この謎の言葉「猫バンバン」を調査しました!

スポンサーリンク

「猫バンバン」って一体、何?


「猫バンバン」って聞いたら、なんだか猫の虐待でもしてんのか!?

と思っちゃったんですが、どうやら全然違うみたい。

逆に、猫のための行為なんですね~


「猫バンバン」とは・・・

車に乗る時にボンネットをバンバン叩いて、猫がエンジンルームに入り込んでいないか確かめる行為

ちょっと、上の説明だけだと分かりにくいですかね(笑)

なんでも、特に寒くなってきた季節になると、猫が温かい場所を求めて
エンジンルームに入り込むことがあるんですね。

なんでも、車種によって違いはあるらしいんですが、タイヤの間からスキマを
伝ってエンジンルームまで行ける空洞があるらしいんです。

これは、エンジンの排気などの問題から、塞ぐことができないんだって。

この抜け道を通って、猫がエンジンルーム内でぬくぬくとすることがあって、
それを知らずにエンジンをかけることによって・・・

想像したくないことが起きるのは理解できますよね。

そこで、日産では、このような自体を避けるために推進しているのが
「猫バンバン」というわけ。



スポンサーリンク

猫の命を救う「猫バンバン」のやり方は?

万一、猫がエンジンルームに入っていないか確認する「猫バンバン」。

一体どうすればいいかといいますと、チョー簡単!

車のエンジンをかける前に、ボンネットを軽くバンバン叩くだけ。

ボンネットを叩くついでに、車の下やタイヤの隙間に猫がいないか確認しましょう。

たった、これだけ。

これで、エンジンルームに隠れている猫が驚いて逃げ出してくることが多いん
だって。もし出て来なくても、エンジンルーム内で鳴き声が聞こえるかも。

そうしたらボンネットを開けてあげましょう。

たったコレだけで、悲惨な結果を免れるなら、やらないよりもやったほうが
いいですよね!

主夫男が見つけたコレ。
タイヤの周辺につけておいたら、猫避けに役立つかも。
↓ ↓ ↓ ↓
お買い得セット ジョイペット 強力猫よけセット 関東当日便

「猫バンバン」まとめ

●日産自動車が推進する「猫バンバン」は、猫の命を守る行為。

●車の停車中にエンジンルームに迷い込むことがある猫。そのままエンジンをか
けるとエンジンルームが大惨事に!それを防ぐのが「猫バンバン」!

●エンジンをかけるまえにボンネットを軽くバンバン叩くだけで、エンジンルー
ムに迷い込んだ猫がいる場合に逃げ出しいたり、泣き出したりするので惨事防止
が行える。



日産自動車の説明では、冬場に猫が温かい場所を求めてエンジンルームに入り
込むとあるんですが、実は田舎では一年中、可能性あり。

だって、猫は狭いとこ好きだし、田舎だと結構、猫って放し飼いにしたりして
いますからね。

それに、猫以外の動物も充分可能性あり!

知らずにエンジンをかけると、迷い込んだ猫が悲しい結果になるだけではなく、
エンジンルーム内の故障の原因になって、財布的に大きな事件になる可能性も
あるらしいんで、ぜひ「猫バンバン」行って下さいね!

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!