幻日ってどんな現象?他にも読み方が分かりづらい虹の種類は?

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!


こんにちわ。主夫男でございます!


11月2日の関東地方で何かあったのでしょうか?

というのも、関東周辺の空で、虹色現象が連発!

これって、何かの予兆なのでしょうか?

大地震前には、地震雲が観られるってのは有名な話。

この虹、キレイだなぁって済まされるならいいんだろうけど・・・


今回は虹色現象の中でも珍しいと言われている幻日に注目!

そもそも、呼び名から分からんぞ!一体、どんな現象?

スポンサーリンク

幻日とは何?綺麗だけど不吉な予感?




「幻日」・・・一体、どんな現象なのか?

まず呼び名だけど、そのまま単純に「げんじつ」って呼ぶのね。

「月極」を「げっきょく」って読んで恥ずかしい思いをした人には、そのまま
読む恐怖症があって、躊躇するかもね(笑)


この幻日という現象も、実は漢字のまんま。

太陽の両側に、一個ずつ太陽のようなものが観える現象。

つまり、幻の太陽(日)が2つ、本物の太陽の横に並んでいるってこと。

「お前に、死兆星が見えるか!?」的なもんですね。
←ちょっと例えが古すぎましたか(笑)

ちなみに、ネットで検索すると結構な報告があって、もの凄い珍しい現象では
ないのかも。

今は、みんなが写真を撮るし、レア感が減っているのかもね。


ちなみに、幻日は死兆星とは違って、吉兆現象なんだって。

これを観た人は、もしかしたら近いうちに良いことが起きるかもね。



スポンサーリンク

幻日だけじゃない!読めない虹!

幻日を、「げんじつ」と呼ぶのに、そのまんま過ぎて逆に読めない感じですが、
虹の種類には他にも読みにくいものがあるみたい。

「赤虹」

これは「せきこう」と呼ぶらしいんですが、「あかにじ」とそのまんま読んでも
オッケー(笑)

ちなみに、これは朝焼けや夕焼けで太陽光が赤く観える現象。


写真を観ると、結構、衝撃的!爆発を起こしたみたいに観える!


「霧虹」

これは、そのまんま「きりにじ」!なんの捻りもないですね(笑)


現象的にも、感じそのままで霧によって光が散乱されて、光の輪が観えるもの。

てか、形は普通。色が白いのが特徴なのかな?


結論!虹現象はだいたい、そのまんまストレートで読んでよし!

幻日とは何か?まとめ

●11月2日に観られた幻日という、太陽が3つ並んだように観れる現象が関東
で観測された。

●幻日は、吉兆と言われているので、これを観た人には良いことがあるかもしれ
ない。

●幻日は「げんじつ」とそのまんま読む。虹は、他にも「あかにじ」「きりに
じ」とそのまんまストレートに読むものが多し!



幻日ってのは、太陽が3つ並んだように観えるわけですが、同じように月が
3つ並んだように観える幻月というものもあるらしい。

ちなみに、読み方は「げんげつ」。

やっぱり、そのまんま(笑)

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!