パラダイス文書に記載の日本人12人とは誰?大手企業も続々明らかに!?

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!


こんにちわ。主夫男でございます!


週明けから話題になっている「パラダイス文書」ですが、流出件数が1340万件!

まあ、勘違いしてはいけないのですが、「パラダイス文書」に記載されている
企業や人物は、タックスヘイブンに子会社を設立したり、投資したりしたって
ことで、イコール不正を行っているわけではない。

中には納税を逃れるための方法としてタックスヘイブンを利用している
人物や企業がかなりの数にのぼっているんだろうなってのが問題視されている
だけで、それでも法を犯しているのは言えないんですよね。

ただ、怪しいってだけで(笑)

海外の報道では、「パラダイス文書」に大物セレブが記載されていると話題に
なっているようです。

日本でも、大物が記載されていると言われているますが、一体誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

パラダイス文書に記載されている日本人12人は誰?



パラダイス文書に記載さている日本人は12人と言われています。

リストが1340万件ということを考えると、とても少ないよな気がするのは
主夫男だけでしょうか?

今後、さらなる分析が行われて、偽名や名義貸しによって記載に漏れている
日本人も発見するかもしれませんね。

12人のパラダイス日本人は誰?

映画『12人の優しい日本人』みたいな見出しを付けましたが(笑)、一体
12人の日本人は誰なのでしょうか?


一番、話題になってしまったのが「ドラゴンボール」の作者である鳥山明さん。

不動産事業に出資したってだけで、別にタックスヘイブン子会社を作って、
納税を逃れていたってわけじゃないのに、名前が大きく出されたようで、全く
もって気の毒・・・

日本人の中でインパクトが強かったのが、鳩山由紀夫元首相

この人の名前が出てくると、胡散臭さが増すのは不思議なもんです(笑)

現職の政治家はいないと言われていますが、元総務副大臣の内藤正光さん、
旧みんなの党元参院議員の山田太郎さんの名前が記載されています。

他に、12人の日本人の中に含まれているのが、
「ドクターシーラボ」で有名なシーズ・ホールディングスの会長の城野親徳会長。


残念ながら、現在、日本人の名前が明らかになっているのは以上の5人。

公表されていないということは、メディア的には公表できないような人なのか、
はたまた公表しても全く分からないような大金持ちなのか、理由は分かりません
が、今後公表されることがありましたら追記していきたいと思います。



スポンサーリンク

パラダイス文書に記載されている主な企業は?

パラダイス文書に記載されている日本人は12人。

ですが、日本企業はかなりの数に上りそうですね。

そりゃ、タックスヘイブンに子会社を設立して、お金を運用して有利になるのは、
個人よりも企業ですからね。

以下が、主なパラダイス文書に記載されている日本企業。



何度も書いているように、別にパラダイス文書に記載されているから、
タックスヘイブン子会社を設立しようが、合法ですからね。

記載されている企業が、必ず悪いことをしているわけではない。

ただ、心象の問題だけですね・・・

パラダイス文書に記載されている日本人まとめ

●パラダイス文書に記載されている日本人は12人と言われており、その約半数
の名前が明らかにされている。

●日本人の中で、特に注目を浴びてしまったのが「ドラゴンボール」の原作者の
鳥山明さん。海外不動産に投資した先が、どうやらタックスヘイブン関連の会社
だった様子。

●日本の企業の記載も多くされているが、現時点で大きく叩かれるような行為を
した企業はない模様。



パラダイス文書は、国際調査報道ジャーナリスト連合によって一斉に全世界で
報道がされたようですね。

ただ、日本では大々的には報道されないでしょうね。

パナマ文書流出の時も、どこか遠く、海外だけの話的な感じに最終的にはなって
しまったような気がします。

その理由もちゃんとあるんですよね・・・、それについては別記事で詳しく説明
できたらと思います・・・

タックスヘイブンについて詳しい事を知りたい方はコチラの記事もどうぞ!
↓ ↓ ↓ ↓
タックスヘイブンとは?採用されている国や地域の事情や疑惑を解説!

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!