サンシャイン水族館の大型水槽サンシャインラグーンの公開再開はいつ?

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!


こんにちわ。主夫男でございます!


池袋のサンシャイン水族館の大型水槽サンシャインラグーン水槽に入っていた
魚が大量に死んだというニュースが!!

その数、なんと1235匹!!

1235匹の魚が死んで、水面に浮かんでいる様子を想像すると恐怖!


現在、サンシャイン水族館は休まず営業を続けるということですが、水族館の
メインの1つであるサンシャインラグーン水槽の公開は中止。

今後、いつごろサンシャインラグーン水槽の公開再開が行われるのでしょうか?

スポンサーリンク

サンシャイン水族館で魚が大量死!その原因は?



サンシャイン水族館のメインの1つであるサンシャインラグーン水槽に入って
いる9割以上にあたる1235匹もの魚が死んだとあっては、水族館に
行ってしも残念な結果に・・・

一体、サンシャインラグーン水槽に何があったのでしょうか?


7日に一部の生物の治療として、水槽に薬品を投入したそうです。

この時、薬の効果を高めるために空気を使って水中のゴミや糞を掃除する装置を
止めたそうです。

この装置を止めたことが直接の原因となってしまったようで、多くの魚が死んで
しまった原因は酸素不足
だったそうです。

水族館側の発表では、酸素供給の装置は別に起動していたそうですが、巨大な
水槽にはそれだけでは足りなかったということですね。

水中の酸素不足で金魚が死ぬことはよくある!

まさか水族館で酸素不足が原因で魚が死んでしまうってのは想像できません
でした・・・

一般家庭でも、金魚とか飼う時には、空気のブクブクを作る機械を取り付けます
けど、酸素不足などで水質が変わったりして、すぐに死んでしまうことが
多いのですが、水族館でも同じことが起きるとは・・・

水槽を管理する飼育員も、酸素供給の装置を動かしていたのにまさか
こんな結果になるとは思いもよらなかったことでしょうね・・・



スポンサーリンク

サンシャインラグーン水槽の現在!再開はいつ?

現在、サンシャイン水族館のホームページの告知によると、
サンシャインラグーン水槽は展示生物に異常があり、水槽整備のため公開を中止。

それに伴い、水中パフォーマンス、エサやり体験、探検ガイドツアーも中止
なっております。

これはサンシャイン水族館のメインイベントの1つですから、来館者減少と
なってしまうでしょうね。

現在はトラフザメなど73匹が生き残っただけ。

これじゃ、まともな展示とはいきませんもんね・・・


公式ページでは公開再開についてのアナウンスはまだされておりません。

1200匹もの魚を集めるとなると、かなりの時間がかかるでしょう。

珍しい種もあったと思いますし、数ヶ月後の公開となるかもしれませんね。

家で魚を飼うなら、これくらいの設備で充分?
↓ ↓ ↓ ↓
テトラ 金魚・メダカ飼育水槽セット AG?31GF 関東当日便

サンシャイン水族館の魚大量死!まとめ

●サンシャイン水族館の大型水槽サンシャインラグーン水槽で展示されていた魚
1235匹が大量死し、公開が中止となっている。

●サンシャインラグーン水槽の魚が大量死した原因は、水槽内の酸素不足が原因。

●サンシャインラグーン水槽の公開再開は未定。メインの水槽の1つのため、来
館者の減少が懸念される。



1200匹の魚をどのように集めるんでしょうか?

これだけの数ですから、他の水族館から分けてもらうにしても輸送などのコスト
を考えると大変ですよね。

まさか、海に行って捕まえてくるってことあるんでしょうか?

1000匹以上だとそれも大変だなぁ~

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!