男子卓球界イケメンホープ 丹羽孝希は乃木ヲタだったの?

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

 現在、男子卓球のオリンピック代表としてほぼ確定しているのが、世界ランク5位の水谷隼選手。この選出はほぼ確実だし、誰が見たとしても納得の結果でしょう。そして、残る二枠のうち、これまた順調に行けば、世界ランクで12位につけている丹羽孝希選手が順当なところでしょう。実績も、2012年のドルトムントと2014年の東京大会で団体メンバーとして銅メダルを獲得。2015年蘇州大会では男子ダブルスで銅メダル。十分に世界の舞台で勝負できる選手ですね。

 丹羽選手は現在21歳。そして、写真で見ても分かるようにかなりのイケメンであります。もしオリンピックでメダルを取るということになれば、かなり話題になりそうな選手ですね。
 そして、話題になりそうと言えば、丹羽選手はアイドルグループ乃木坂46のファンであり、通称「乃木ヲタ」と呼ばれるオタクだったそうです。特に、白石麻衣さんや生田絵梨花さんなどが推しメンだったらしく、推しタオルを持参してライブイベントに参加したり、原宿で期間限定でオープンした「乃木坂46カフェ」に脚を運ぶほどのコアなファンだったようです。(推しメン、推しタオルなんて言葉があるんですね)
 「だった」と過去形になっているのはわけがありまして、現在は表向き乃木ヲタを辞めていることになっています。突然、昨年の5月にツイッターで自ら乃木ヲタ卒業を宣言したそうですが、それには以下のような理由があるとか。

 理由というような大層なものではなさそうなんですが、とにかくこのグループの12枚目のシングルの選抜メンバーの発表に対して納得がいかなかったということらしいですね。丹羽選手の推しメンは全員選抜入りしたそうですが、さらにはフロントメンバー(たぶん前列のことでしょうね)に名前が挙がっていたけど、センターポジションには他の子がなったということらしく、その結果が納得いくものではなかったということらしいです。
 しかし、騒動はここで終わらず。丹羽選手は名前を出していたわけではなかったのですが、センターにならなかったことが納得いかないということは、センターの子に対して批判をしていると捉えられたようでして、センターのファンの方から批判が殺到。結果、丹羽選手はアカウントの削除にまで追い込まれてしまいました。
 この騒動後、丹羽選手がアイドルへの思いがどうなったかは定かではありませんが、思わぬところからの批判があったことに驚いたんではないでしょうか。

 とにかく、オタクとしての注目をこれから受けるのではなく、是非ともメダリストとして注目を浴びていただけるよう応援しましょう。

(画像はhttp://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/other_pingpongwc/1635より引用)

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!