クールポコ 新ネタ?傘回し習得し、営業で人気!?

 「傘回し習得したクールポコ」というYahooニュースを見かけました。数年前のお笑いブームの中、数々のネタ番組に出演していたクールポコ。いまや、テレビで見ることも激変。むしろ、「ぬぁーにぃー、やっちまったな!」っていうギャグが、アンタッチャブル山崎にパクられ、本家よりもそのギャグを使いこなしてるんじゃないかという状況。
 もうクールポコを知らない人のために、簡単なプロフィールを調べてみました。

クールポコ1
(画像はhttp://laughy.jp/1434257610121138241より引用)

 メンバーは、せんちゃん(左側)と小野まじめ(右側)の二人。せんちゃんは目立たない顔。小野まじめは濃い顔。小野まじめさんは結構行動的で、調べると趣味がドランペットでバンド活動をしていたり、海が好きで小型船舶操縦士1級の免許を持っていてサーフィンもしている。趣味を見てみるとスキューバーダイビングに大工、ケーキ作りとなかなかのツッコミどころ満載な方。って、せんちゃんもスキューバーダイビングが趣味なんですね。お互い、顔に似合わないというか・・・
 クールポコの名付け親は事務所の先輩のネプチューンの名倉潤さん。クールは二人の行きつけの美容院の名前、ポコはせんちゃんの顔を見て決めたという謎めいたところもありますが、名倉さんの普段の後輩思いの面がなんかわかるエピソードですね。
 あまり目立たない感じのせんちゃんですが、小野さんの情報では「相当なあほ」ということで、ラーメン屋でスープを全て飲み干してから替え玉を注文し、店員を困惑させるつわものらしい。もっと、せんちゃんネタを出していったら面白いかもしれんのにね。
 で、定番のネタは杵と臼を使ったギャグで、決めセリフは「ぬぁーにぃー、やっちまったな!」。
 このネタのみだった感があるんですが、最近、二人とも傘回しを習得したということ。下手をすると、最近は傘回しのほうが受けがいいんだとか。
 この傘回しも江戸太神楽の師匠が教室を開いていて、誰でも参加できるので一年間通って習得したということ。って。弟子入りしたとかじゃないんかい!!
 でも、こういった芸を磨くってことはいいこと。一つのネタにしがみつき、それを高めることが出来るのならいいけど、ただやっているだけの芸人もやっぱり見受けられる。芸を商品と考えたら、普通にビジネスの世界では改善していかなきゃらんしね。その努力はかならず報われるんじゃないかな。
 実際に、お笑いブームの時は二人で月収が300万くらいだったそうですが、意外なことにテレビであまり見かけなくなった最近で、営業やらちょっとしたCMやらで月収400万を越えたときもあるそうです。やはり、芸でもビジネスでも、共通していることはあるんですね。
 ネタが好きとかではないですが、その努力のクールポコを応援していこうかなと思います!!

(画像はhttp://www.officiallyjd.com/archives/371348/20140707_go_16/より引用)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする