江角マキコ 波乱万丈の芸能活動 レギュラーゼロは落書き騒動の影響か

 昨年、レギュラーだった『バイキング』(フジテレビ系)と『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)が続けて卒業となった江角マキコ(49歳)さん。唯一のレギュラー番組『私の何がイケないの?』(TBS系)が3月いっぱいで終わることが発表されました。度重なるレギュラー番組からの卒業は、江角さんの「落書き騒動」から、芸能界から干されているのではないかと噂されているそうです。

 江角さんにはこれまでも「落書き騒動」だけではなく、様々なスキャンダルがありました。

ブログでママ友いじめにあっていることを告白
 ママ友からお弁当を作らずにメロンパンを持たせる、先生にチクルなどと色んな噂を流されていると告白するも、「女性セブン」でママ友の有志が江角さんを批判。書かれている内容は全て嘘であると主張し、ママ友のいじめがあったとするなら、江角さんは被害者ではなく、むしろ加害者だったと言われています。

長島一茂宅への落書き騒動
 「週間文春」において、江角さんの元マネージャーが長島一茂さんの自宅に落書きをしたという記事が掲載される。さらに、このマネージャーに落書きを指示したのが江角さんであるとされています。この事件は、一茂さんが被害届を出したことにより、この元マネージャーも事情徴収されているとのこと。江角さんは、この落書きについては知らなかったと述べていますが、一部では落書きのことは知っていたけど、指示はしていないと述べているようでして、真実はどうなのでしょうか。ちなみに、一茂さんの奥さんはママ友の中心人物だったそうでして、ここで繋がってくるんですよね。

 ママ友関係のトラブルだけではなく、過去には年金未納問題もありました。
 2003年「国民年金保険料納付キャンペーン」の広報イメージキャラクターとして起用されましたが、翌年、江角さんの国民年金の未納が明らかになります。未納期間は17年間。遡及して支払い可能なのが過去2年間までであり、大半は支払いが時効。この問題により、江角さんはシャンプーと頭痛薬のCMを降板という事態になりました。

 以上のように、これまで様々な問題があった江角さん。今回、全てのレギュラー番組がなくなり、今後の活動が不透明なままです。このまま、芸能界をフェードアウトしてしまうのか。さばさばとしたイメージで好感が持てる方だけだっただけに、今後どうなるのか注目してみようと思います。

(画像はhttp://www.oricon.co.jp/news/2019613/full/より引用)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする