R-1ぐらんぷりファイナリスト小島よしおは最強の一発芸人?

 『R-1ぐらんぷり 2016』でまさかの決勝進出。ファイナルステージまで勝ち上がった小島よしおさんですが、まさに「まさか」の活躍と思う人も沢山いたんじゃないでしょうか。というか、冷静に考えて、「そんなの関係ねぇ」とか「おっぱぴー」とか聴いている方が恥ずかしくなってしまうような芸風。いわゆる一発芸人の代表格と言ってもおかしくないと思われた小島さんですが、今でもバラエティ番組で頻繁に見かけますね。
 現在の小島さんがどんな活躍をされているのか。そして、その活躍の秘密とは何なのか調べてみました。

現在の活躍の場は?

 現在もコンスタントにクイズ番組などのバラエティで活躍中。その他にも、ドラえもんの映画の最新作『新・のび太の日本誕生』では声優を行ったり、ラジオでもレギュラーを持っていたりと、かなり多方面で活躍をされているようです。
 特に最近の活躍で目立つのは子供からの人気。2007年のブレイク当時も「そんなの関係ねぇ」「おっぱぴー」の持ちネタがまさに子供の間で流行したわけですが、子供は飽きやすいもんですからすぐにそのネタは忘れられるのかなと思ったのですが、子供向け番組『おはスタ』での「スポーツマスター440」で再び人気を集めることに。
 ここできっと、自分の芸風と立ち位置をしっかりと理解できていたのでしょう。子供にわかりやすい芸風を貫き、踊りや歌を中心とした単独ライブを行い、小島さん自身が言うように「都内で一番ベビーカーが並ぶライブ」として幼稚園児・小学生を中心に人気を集めているようです。

芸能界に生き残っている理由は?

 小島さんは頭が良い方のようで、しっかりと自分の立ち位置を理解しているようですね。自分が一発屋としての評価がされているのを知ると、それを逆手にとって一発屋芸人としての立場を利用して活躍してきたようです。
 でも、芸能界を生き残っている理由は、それは小さな理由じゃないかなと思います。生き残っている一番の理由は、その人柄のようですね。根はとても真面目であるらしいのですが、イベントや営業でも悪い噂の一つもないとか。これはスタッフや、同じ共演者の芸人仲間からも受けが良いようでして、こういった点が多くの番組に呼ばれる由縁なんでしょうね。
 さらに、自分のライブのチラシを自分で保育園や幼稚園に出向いて配っているらしい。

 人柄や、地道な努力というのが、一般社会と同じく芸能界でも重要だし、それを大切にしているのが小島さんが芸能界を生き残っている理由なんですね。

(画像はhttp://wpb.shueisha.co.jp/2016/01/03/58912/より引用)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする