元WANDS上杉昇の現在 すげぇ変わってた!歌唱力は健在!

 90年代。僕が中学から高校にかけての音楽業界はとても華やかだった。小室哲哉さんが数々のヒット曲を生み出し、多くの女性ボーカルが活躍し、今は大御所的な感じになっているミスチルやスピッツ。本当にヒット曲ばかりの時代でしたね。その中でも爆発的なヒットを生み出し、他のバンドにも多くの楽曲を提供したバンド・WANDSを知っている人は、もう若い人の中にはいないかもしれませんね。
 そのWANDSのボーカルをやり、ほとんどの曲の作詞作曲を担当していた上杉昇さんが、今も地道に活動しているようです。

 現在の姿からは想像できませんが、WANDS時代の上杉さんは優男って感じですが、その時代は自分のやりたいと思っていた音楽性とは異なっており、やらされている感が常にあったそうです。
 それでも、自身が作詞作曲してきた楽曲が評価されているのは光栄であり、決してWANDS時代をいわゆる「黒歴史」とは捉えてはいないようです。でも、その時代のイメージの影響が今でも強く、そのWANDSのイメージを壊すために今も苦しんでいるようですね。
 確かに、WANDS時代の上杉さんしか知らなければ、20年近く前に脱退したとしても、やっぱりWANDSの上杉昇なんだよね。

 でも、専門的なことはあまり分からんので、音楽性が変わったというのはあまり分からないと思ったんだけど、音楽性も明らかに違うし、なによりその容姿の変化に驚きです。

上杉昇わんず
WANDS時代の上杉さん
(画像はhttp://wesugisan.exblog.jp/i11/2/より引用)

上杉昇げんざい
現在の上杉さん。何があった!!
(画像はhttp://wpb.shueisha.co.jp/2016/06/17/66812/2/より引用)

上杉昇ふだん
普段はこんな感じ。
(画像はhttp://wpb.shueisha.co.jp/2016/06/17/66812/2/より引用)

 現在はソロ活動と「猫騙」というバンドで活躍しているようですね。
 それにしても、その歌唱力の高さは健在。個性的な衣装で、WANDS時代の上杉さんを期待?するとビックリするかもしれませんが、これからも一アーティストとして活躍されていくんではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする