体操・山室光史 メダルの行方は?結婚について。過去には「学校へ行こう」出演も。

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

 リオデジャネイロオリンピックで金メダルが期待される器械体操。やはり、その中心にいるのがエース内村航平選手。内村選手は個人総合でも金メダルが期待されており、団体でも中心人物として活躍が期待されております。しかし、団体は内村選手一人が頑張っても、それだけでは金メダルには届かない。やはり、団体として出場する選手がそれぞれ力を発揮しなければなりませんね。

 団体メンバーの一人である山室光史選手。どんな方なんでしょうか?彼女や結婚の噂なんからを知らべてみました。

 山室選手は1989年生まれの27歳。内村航平選手と同級生でして、高校時代からライバルとして活躍してきたようですね。2010年の世界選手権から団体の代表として出場。オリンピックは今回でロンドンに引き続き2回目の出場となっていますね。今大会では団体の金メダルと吊り輪でのメダルが期待されているようです。


彼女?結婚は?

 同い年の内村選手がすでに結婚しており、子供もいるということで、山室選手はどうなのかなと。ネットで山室選手を調べると、彼女や結婚のキーワードが出てくるんですが、どうやら結婚はしていないようですね。彼女に関しても、ネットで調べてる人が興味があって調べられているようなんですが、彼女の存在についての情報はないようですね。
 彼女の一人くらいはいるでしょうが、いち選手ですからそこまで注目されることでもないですよね。

『学校へ行こう』の「小学生の主張」に出演していた!?

 今の若い方には知らないかもしれませんが、数年前にV6出演の『学校へ行こう』という番組がありました。その中の人気コーナー「小学生の主張」が山室選手の母校である古河第一小学校へやってきたそうです。
 そこで小学六年生の山室選手が登場。
 V6から「特技はある」の質問に「体操」と即答したそうです。そこであん馬の旋回を行い、V6の坂本昌行さんも「本物だ」と絶賛したそうです。

 その時の山室選手の主張が以下。

『僕は体操をやっている。去年の11月の世界大会で優勝した。優勝したのもうれしかったけど、もっとうれしかったことは校長先生が『努力したから結果が出たのですね』と言ってくれました』
『そんな校長先生も3月いっぱいで定年を迎えて、学校を辞めてしまいます。だから今日は、全校生徒でお礼を言いたいと思います。校長先生、今まで見守っていてくれて、本当にありがとうございました! 本当にありがとうございました! 2008年のオリンピックに必ず出ます!』

 2008年の北京オリンピックには出場できませんでしたが、その4年後のロンドンオリンピックに見事出場。決勝の跳馬では高難度の技を行い、着地で骨折するも銀メダルに貢献しました。
 その怪我は重傷で、2度の手術をすることになりましたが、再びオリンピックの舞台へと戻ってきました。

 金メダルを目指す日本団体は現在、ミスが重なり予選4位と苦しい状況にあります。しかし、最後まであきらめず、悲願の金メダルを目指してもらいたいですね。

(画像はhttps://www.konami.com/sportsclub/athlete/player/profile_yamamuro.phpより引用)

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!