原沢久喜 最強王者リネールに破れ銀メダル 性格はおっとり。家族や彼女は?

 リオデジャネイロオリンピック柔道競技最終日。男子100キロ超級に登場した原沢久喜選手がフランスの絶対王者リネールと決勝で対戦。あと一歩届かず、銀メダルとなりました。

決勝・絶対王者リネールとの試合内容は?

 原沢選手とリネールは試合では初対戦ということで、当初の予想ではリネールが絶対に良い所を持たせず、自分の組み手になるまでは技をかけない。原沢選手はリネールの嫌がる組み手をして、足技で崩すというものでした。
 この予想はほぼ合っていて、前半はリネールが身長を活かして組もうとし、それを嫌がる原沢選手。そのため、逃げているとみなされて原沢選手に指導が2つ。
 しかし、後半はリネールは完全に組み手争いを逃げ、ほぼかけ逃げ状態。原沢選手は投げようという姿勢は最後まで崩さず、結局、指導の差で負けてしまいました。
 試合終了後、会場からリネールに対してブーイング。絶対王者としては、王者らしからぬ試合であり、原沢選手は試合には負けたけど、勝負には負けてませんでしたよ!

原沢選手は普段はおっとり?

 原沢選手の性格はおっとりしているそうですが、なんだか全体の雰囲気からそれって伝わってきません?オリンピックで という偉業を達成したけど、どこか親しみやすいというか、いい人オーラが出てるんですよね。普段から口数少なく、ほとんど怒らないのだとか。
 母校の監督からは「ウサギにならないカメ」だと性格を表現されたそうですが、よう意味が分からないような・・・。きっと、原沢選手はその闘志を内に秘め、実直に稽古に取り組んできたのでしょうね。

家族や彼女は?

 原沢選手の家族の情報はあまりないようですね。ネット上では両親は韓国人じゃないかという噂はあるようですが、両親は日本人でして、なぜにこんな噂が流されるんでしょうか?すぐに韓国人とか帰化とか、あまりいい噂でないですよね。
 彼女の噂もなく、柔道に打ち込む原沢選手には現在、彼女はいないのではと言われています。まあ、普段は口数少ないとのことで、ちゃんと良い人がいても周りには特にしゃべっていないというのが現実かもしれません。ちゃんと、原沢選手をサポートしてくれている人がいるんじゃないでしょうかね。

 リオデジャネイロオリンピック柔道男子は、全階級メダル獲得という結果に終わりました。本当に素晴らしい結果でした。金メダルの数に目が行ってしまいがちですが、現在の世界的なレベルを考えたら、前回級のメダル獲得は本当に凄い。日本柔道復活!日本柔道ここにあり!ってところではないでしょかね。

(画像はhttp://syoshinmono.com/1830.htmlより引用)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする