テレビから消えた?しずる 原因はラーメン二郎出禁の村上?キングオブコントで復活なるか?

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

 『キングオブコント2016』決勝に進出した「しずる」。一時期は「エンタの神様」や「爆笑レッドシアター」に出演して人気ものだったのですが、ネタ番組の減少と共にテレビの露出も減っている中での大舞台での登場。結果はどうなるのかといったところですが、テレビからの露出が減ったのは色々な理由があるようです。実際のところはどうなんでしょうか。

現在の「しずる」。テレビ・ラジオも不定期出演?

 2003年に結成された「しずる」ですが、数年前にあったお笑いブーム時には多くのネタ番組に出演し、単独ライブも600人のチケットが即売することも珍しくなかったと言いますが、現在では180人のチケットをさばくのがやっとという状態らしいですね。
 正直、この事実からみると、お笑いブーム時には言ってしまったら実力が伴わないのに人気が出ていたというのが現実なのではないかと思うんですよね。実際に、ネット上では「ジャルジャル」と被っているとか、「フルーツポンチ」と区別がつかないとか。実力も、個性もなかったことの現われなんじゃないかなと思うんですね。
 今回の『キングオブコント』での決勝進出は、ようやくテレビで活躍できる実力が付いたというのを実証する場でもあるのではないかなと思いますね。

巷ではテレビから干されたのはボケ担当の村上さんに原因があると言われるが・・・

 ネット上では、テレビの露出が減った多くの原因は、ボケ担当の村上純さんにあるのではないかと言われています。
 というのも、村上さんは非常に遅刻が多く、業界内で怒りをかっていたということです。さらには、酒癖が悪いといい、酔っ払った村上さんのためにツッコミ担当の池田一真さんは、先輩芸人に謝ったり、酔いつぶれた村上さんを介抱したりと苦労しているとのことです。
 遅刻癖にしろ、酒癖にしろ、他人に迷惑をかけることですから、社会人として、大人として反省し、それを直す努力が必要なんじゃないかなと思うんですが、それがあまりないみたいな感じですね。そういったところから、村上さんの性格が悪いと言われ、結局それがテレビから干される原因にもなっているのではないと言われています。

 それを象徴するような事件が「ラーメン二郎から出禁」。
 村上さんは熱狂的な「ラーメン二郎」のファンだったそうで、三田本店で創業者からも「二郎専属タレント」と言われるほどだったそうです。が、村上さんが出した本『人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ』を出版したことから、この関係は大きく変わってしまったそうです。
 なんと、この本はラーメン二郎からの許可を得ずに出版し、出版日の朝に出版の挨拶に言ったといいます。これは出版社の責任でもありますが、まずこのタイトルと内容(読んでいないので分かりませんが、タイトルからある程度は予想できますね)で本を書く時点で、村上さんにも何らかの責任が生まれるのは当然のこと。これに激怒され、ラーメン二郎に出禁になったというわけです。
 こういった問題も、対応を間違えなければ村上さん本人への責任ってもっと軽かったと思うんですよね。きっと村上さん自身も、店側が激怒するような何らかの行動を行ったのではないかなと思うんです。
 こういったところから村上さんの性格が悪いと噂されるんでしょうね。

<この記事のまとめ>

お笑いブームが終わり、ネタ番組の減少と共に、しずるのテレビ出演は減ってしまった。

テレビ出演が減って、干されたと言われているが、その原因はボケ担当の村上さんにあると言われている。

村上さんは遅刻癖、酒癖が悪く、業界の方々から嫌がられていた?

村上さんはラーメン二郎に許可を得ずに、ラーメン二郎の名前を使った本を出版。そのために、ラーメン二郎に出禁になってしまった。

(画像はhttp://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/24346.htmlより引用)

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!