ピコ太郎こと小坂大魔王はマネーの虎出演からPPAPで世界デビューへ

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

 ネットから人気が爆発、世界134か国で配信して世界でビューを果たしたピコ太郎。ジャスティン・ビーバーがツイッターで「一番のお気に入り動画だぜ!」ってツイートしたことから人気が一気に爆発したそうです。が、一体、ジャスティン・ビーバーどこでピコ太郎の動画を見つけたのかな、なんて考えちゃったりしています。
 実は、若い方はあまり知らないかもしれませんが、ピコ太郎ってのは、元「底抜けAIR-LINE」というコンビで活躍し、現在は小坂大魔王として活動されている小坂和仁さんなんですね。一時期は、お笑い芸人として人気もあり、テレビのレギュラーも多かった中、小坂さんは芸人として縛られることなく、お笑いと音楽との融合を目指してきたようなんです。その夢が叶ったのでしょうかね。

『マネーの虎』に出演!ロンドンデビューを目指していた!

 お笑いと音楽の融合を目指していた小坂さんですが、30歳の頃にノーボトムというバンドで活動していました。
 そのバンドでロンドンデビューを目指し、そのために必要だった資金700万円をかけて、『マネーの虎』という番組に出演していました。『マネーの虎』という番組は志願者と呼ばれる投資を望む人々が、数人の社長の前でビジネスプランやアイデアをプレゼンして希望額を投資してもらったら成功。希望額に達しない場合にはノーマネーという、シンプルな番組。
 そこで小坂さんは「お笑い芸人は辞めて、自分の好きな音楽で海外デビューをし、世界を驚かせてやりたい!」とロンドンデビューを目指してのプレゼンを行ったんですね。
 残念ながら小坂さんのプレゼンで歴戦の社長陣を動かすことはできず、ノーマネーとなりました。
 でも、決して小坂さんに実力がないからというのではなかったみたいなんですね。その時に社長側で参加していた貞廣社長は小坂さんに才能があるからこそ「(ロンドンには自分から行くのではなく)呼ばれて行くべきだ」とエールを送られています。
 

その時の映像はコチラ。
ピコ太郎(古坂大魔王こと古坂和仁)のマネーの虎出演動画!ロンドンでバンドデビュー
 
 
夢が叶い世界デビュー!?

 『マネーの虎』ではノーマネー。ですが、前述したように小坂さんには才能があったのでしょう。『マネーの虎』出演から数年。形は違えども、お笑いと音楽を融合させて世界デビューを果たしたのですから。
 元ネタはアップル創業者スティーブ・ジョブズの名言「I have a pen.I have an apple…UH apple pen!」からきているそうですね。これをパクリと言うのかは、個人個人の判断になるでしょうが、きっと小坂さんの中ではお笑いと音楽の絶妙な融合を計算していたのではないかなと思いますね。


PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)(PPAP)ペンパイナッポーアッポーペン/PIKOTARO(ピコ太郎)

<まとめ>

ピコ太郎こと小坂大魔王はお笑いと音楽で世界を驚かしてやりたかった!

『マネーの虎』ではノーマネーでも、当時からその才能は高く評価されていた。

(画像はhttp://www.oricon.co.jp/news/2079162/full/より引用)

スポンサーリンク

面白い!気に入った!ならシェアお願いします!

Twitterもやっています!気に入ったらフォローお願いします!