本日スタート『ヒガンバナ~警視庁捜査七課』 ヒガンバナの由来は?

 本日13日22時から日本テレビ系列のドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課』が始りますね。掘北真希さんが主演で、昨年の年末の『ダウンタウンの笑ってはいけない名探偵24時!』にも、この『ヒガンバナ~警視庁捜査七課』の役どころである来宮(きのみや)渚としてゲスト出演。その後も、年末年始の番組にかなり堀北さんが出演していたような気がします。それだけ本作に力を入れているというのが見て取れますね。

 本作は2014年10月に『ヒガンバナ~女たちの犯罪ファイル』という題名でスペシャルドラマとして放映されたものを連続ドラマ化したものということらしいです。

 内容は、女性犯罪者および女性被害者対策を目的に設置された非公式の課・警視庁捜査七課の活躍を描くもの。そこに所属している女性刑事達は、一癖も二癖もあって、特に堀北さんが演じる主人公・渚は事件現場に残る「声」を聞き取る事ができる特殊能力をもつらしいですね。さらに、今まで清純派のイメージがあった堀北さんが、本作では毒舌キャラということで、もしかしたら女優としても一つ成長するきっかけとなる作品になるかもしれません。
 ちなみに、「彼岸花」は美しい花だけど、根に猛毒をもつらしいです。それに例えて、美しい女性刑事ばかりが所属するも、その特殊性から捜査七課を「ヒガンバナ」と呼ぶようになったという設定らしいですね。
 他に捜査七課の女性刑事を演じるのは檀れいさん、知英さん、高梨臨さん、YOUさん、大地真央さんという面々。きっと堀北さん演じる渚と同様に、癖のある役どころが満載なんでしょうね。

本作の話題性の一つは結婚後初ドラマ
 本作では、内容とは別に注目されているのが、まず主演の堀北真希さんは昨年8月に俳優・山本耕史さんと結婚されてから初のドラマ出演。さらにさらに、先日、北川景子さんと結婚したばかりで注目を浴びているDAIGOさんが7年ぶりの連ドラ出演と注目度も抜群でありますね。特にDAIGOさんの演じるフリージャーナリストは物語の中でかなりのキーマンであるという話もあるので、今が旬の方々の姿をたっぷりと見れるんではないでしょうか。

 脚本は徳永富彦氏、池上純哉氏、松本美弥子氏、荒井修子氏、本田隆朗氏。
 演出は大谷太郎氏、湯浅典子氏、松永洋一氏、石尾純氏。
 第1話の脚本を担当するのは徳永氏。「相棒」「警視庁捜査一課9係」シリーズなどを手掛けている方のようです。同じく第1話の演出は大谷氏。この方は「伝説の教師」「ごくせん」などで知られているそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする