村上ショージのすべり芸 篠宮暁の説教から垣間見えたその理論

 「すべる事で笑いが出来る。」「つまらないから、面白い。」この矛盾がありながら、ついついテレビで見ると笑ってしまうのが「すべり芸」であります。この「すべり芸」を見せてくれる芸人ってのは、ますだおかだの岡田圭右さんや、狩野英孝さん、デンジャラスのノッチさん。などなど、意外と多かったりしますね。
 ここで忘れてはいけないのは、「すべり芸」を開発し、今での第一線で活躍されている村上ショージさんであります。「すべり芸」ではレジェンドの大師匠の村上ショージさんですが、やっぱり一般的には面白くないと思っている人も多いかもしれません。でも、その「すべり芸」も村上ショージさんの独自の理論があるようですね。以前、放送された『ナカイの窓』で村上ショージさんが篠宮暁さんを説教したことから、それが覗えると思いますね。

「すべり芸」とは何か?

 「すべり芸」とは何か?そもそも、「すべる」というのはどういうことかと言いますと、芸人がお客さんを笑わすためにギャグを言ったり、行ったりとしますが、それが全く伝わらず、または面白くなく、お客さんは笑うどころか引いてしまう、そんな状態のことを言うんだと思います。
 髭男爵のひぐち君が「ひぐちカッター」と言い出しても、お客は「お、おぅ・・・」って感じで笑えませんよね。
 ポイントは「笑わそうとして、失敗した」ってところでしょうか。

 では、「すべり芸」ってのはどうかと言いますと、この「すべる」という状態を意図的に作る芸なんでしょうね。なぜ、人を笑わすべき芸人が「すべる」状態を作るのかといいますと、「すべる」という行為によって、その芸人自体は「すべった」のかもしれませんが、その場が笑いを作る場へと変化さすことができるから。つまり、ピン芸人が一人で出てきて「すべって」は意味がない。その「すべった」場を転換させることがいる他の芸人がいないと成立しないのではないかと思います。

 ある意味、故桂枝雀師匠が唱えていた「緊張と緩和」を体現したような芸なのかもしれません。

村上ショージさんの「すべり芸」の極意を見た!

 村上ショージさんの「すべり芸」の理論は、以前の『ナカイの窓』で「スベリ芸の達人」をテーマにした時に垣間見えたような気がします。
 その日のゲストの一人オジンオズボーンの篠宮暁さんに対しての本気の駄目出しをする場面がありました。その時に言っていたのが、「スベリ芸人ってのは一番空気読まなアカン」ってこと。
 レッド吉田さんがネタを披露して案の定スベッたわけですが、それに篠宮暁さんがネタを被せてきてさらにスベッたのですが、それに対して村上ショージさん。「レッドちゃんが芸したあと、かぶせて本人は助けたと思ってるけど、思い切り後ろから殴ってるからね」と言い、さらに「もうオレ、レッドちゃんがかわいそうで、かわいそうで」「後ろでしばき回したろか思ったくらい。」とまで発言。
 とにかく、篠宮暁さんは場の雰囲気、流れが分かっておらず、ただ暴走している状態。「すべり芸」は場の空気を読まなければならないと持論を展開する形となりました。

 テキトーな芸をぶっこみ、場をしらけさすのではなく、その後の展開でそこから笑いの場にもっていくのが「すべり芸」なのでしょう。
 そう考えると、すべった場を切り替える芸人の力量が非常に重要になってくるんですね。そう考えると、村上ショージさんの近くに明石家さんまさんがいるってのも頷けます。でも、さんまさんくらいの力を持っている人って少ないし、そう考えると「すべり芸」を活かすのは難しいんだろうな。

まとめ

「すべり芸」は場の空気を読み、場を活かす高度な笑い?

「すべる芸」を活かすも、殺すも、まわりの芸人の力量にもかかってくる?

ただ、ネタを披露してすべるだけのものは、「すべり芸」ではない!

(画像はhttp://www.oricon.co.jp/news/77659/full/より引用)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする